ヒロ個人家庭教師のブログ

自己責任

2019/10/9

今まで受験や勉強に関する色々な相談を受けてきた中で

よくあるパターンとして

「塾に行けば(いかなくても)○○に合格できますか」

「○○塾に通いつづけて学校と(部活と)両立できるでしょうか」

「この問題集を使えば成績が上がりますか」

のような質問をされることがある。


もちろん質問者の状況を考え出来る限りのアドバイスはする。

しかし、答としてはYESともNOとも言える。

ハッキリ言えば「本人次第」だ

その生徒の実力、志望校、学習歴、勉強スタイルなど

いろいろな要素が絡む問題であるし、

簡単に「絶対にこうすればOK」とは言えない。

(まあ、もし自分が予備校や塾の営業担当だったなら

「当校におまかせください!必ずあなたの成績をアップします」

とか何とか頑張って、入会して頂けるようアプローチしますが)


気になるのはこういった質問の裏に

どうも何かしらの責任転嫁の匂いを感じることだ(そうでなかったらゴメンナサイ)


人に決めてもらうのがクセになっている人間はたいがい

「○○って言われたとおりにしたのに良い結果が出なかった」と後でグチグチいう。


分からないことについて質問する、

アドバイスを求めるのは大いに構わないと思う。

(むしろ最大限上手く活用するべき)

しかし最終的にどうするかを決めるのは自分自身。


勉強に限らず仕事や人間関係、

何でも全ての人生における結果は自己責任

周りのせいにしつづける人間はいつまでも成長しない。


いきなり朝から「オモえもん※」ばりに重いですが…


なんとなくNo Schoolの掲示板を見ていて

思ったことでした。


※星野源さんのコント番組に出て来る、ド〇えもんのパロディ。いちいち発言が重く、恩着せがましい。