NoSchool TOPへ
NoSchool TOPへ
見た質問ログイン新規登録

ヒロオンライン家庭教師のブログ

ネットリテラシー

0
2019/11/15

SNSは便利だ。


20年前には生活にこのようなツールは存在しなかった。

90年代後半から2000年代の初め頃といえば

まあ家にインターネットがあるのがようやく普通になって来たころ

今に比べるとネットの速度は凄まじく遅かった。

ガラケーで写真が撮れる機能がついたことに皆で盛り上がっていた時代である。

(今や、「写メ」は死語とまで言われておりますが…)


LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム・・

筆者は上記に加え、中国系のWe Chat(微信)や、

ランニング系SNSのJogNoteなども使う。あまりに多くて交通整理が出来ないので

主に使うもの、たまに見るもので分けたりもしている。


先日も似たようなことを書いたかもしれないが、

これだけ多くのSNSを眺めていると本当にいろいろな情報が流れて来る。

自分にとって有効な情報もあれば

全く不要なもの、情報としての信ぴょう性すら怪しいモノもある。


自分がいつも心掛けていることは

情報を取捨選択するのは自分自身

そしてその情報に従って行動した

結果も完全に自己責任だということ。


受け取る情報量が多いからこそ

自らの目でしっかりと判断し、責任を持って利用する。

「ネットにこう書いてあったのにウソだった」と言っても

その責任は誰も取ってくれないのだ。


もう一つは

自分と価値観の異なる意見、判断に対しての態度

これだけ誰もが情報発信できるような状況だからこそ、

それこそ、自分と考えが一致するものより

自分とはちょっと違うな~と思うモノの方を目にしやすい。

「自分は自分、他人は他人」

人の数だけ意見はあるのだ。イチイチ腹をたてない。

ひょっとしたら自分の考えていることが間違っているかもしれない

くらいの感覚で冷静に見ているのがちょうどよい。

掲示板などによくいる、無駄に攻撃的な人間には関わらない。


便利なツールだからこそ

ストレスのないように利用したいものである。