NoSchool TOPへ
NoSchool TOPへ
ログイン新規登録

北條靖之オンライン家庭教師

男性本人確認済

基本情報

学歴

2019年4月慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)入学(在学中) 2019年3月武蔵野大学法学部法律学科卒業 2015年3月宇都宮短期大学附属高等学校卒業

指導/合格実績

都内の個別指導塾にて3年間の指導経験があります。小学生〜高校生まで幅広く指導してきました。特に中学生の指導には自信があり、都立産業技術高等専門学校など、都内の公立、私立の学校への進学実績があります。

自己紹介

3年間の個別指導塾で指導経験を持つ、現役ロースクール生があなたの勉強をサポートします! 受験対策でも、学校の補習でも任せてください! また、法律に興味のある方、ロースクール入試、法律系資格についても対応します! よろしくお願いします!!

趣味

ギター、スノボ、ゲーム、飲み会

先生が回答した質問

先生がこれまで勉強の質問に回答した内容を見ることができます。回答科目の分布より得意科目を、実際の回答内容から先生のお人柄をご確認のうえ、お問い合わせください。

回答科目の分布

      最新の回答

      • 英語の質問

        I will leave the order in which they are replaced and the timing for you to decide.それらの電球を交換する順番とタイミ...

        北條靖之オンライン家庭教師の回答

        andで結ばれているのはthe order~とthe timingです。in which以下はthe orderを修飾しています。leaveが何を残しているかというと、the orderとthe timingです。あえて「残す」という日本語を使うなら、それらを交換する順番とタイミング(の決定権)を、あなたたちが決定するために残しますみたいな感じでしょうか。ただ、日本語として不自然ですので、決定は皆様にお任せしますと意訳されているのだと思います。
        (補足)質問者様が疑問に思ったように、「A and B」のAとBは同質でなければなりません。だからこそ、同質なものを探してみてください。andからすこし遡ってみれば、the orderという名詞が見つかるはずです。また、in which~は関係詞で出てくる重要な表現ですので、これに気付くことができればin以下はorderを説明していることが理解できるはずです。

      先生のブログ

      この先生はまだブログ記事をNoSchoolに投稿していません。