no more ~than・・・  について

【質問の答えについて】

この質問の答えはわかりません。

no moreの入っている位置がいつもバラバラなのでどの形容詞(または動詞)についてno moreなのか、迷ってしまいます
I suppose that iguanas are no more unusual as pets than tortoises.
私はイグアナはカメと同じでペットとして異常ではないと思う。

I no more believe in UFO’s than you do.
私は君と同じでUFOが実在するなんて信じない。

↑のように修飾する形容詞(または動詞)の直前に来ていればわかりやすいのですが

I know no more about him now than when I first met him.
私ははじめて彼に会ったとき同様、今も彼についてよく知らない。

これはknowを修飾するno moreだと思いますが、位置がいつもと違って修飾する語の後に来てます。

添付画像の長文の波線部分も、同じように「has no more」という語順で、被修飾語のhasの後に、no moreがきてましたので、
読んでるときに「no more right」でrightを修飾してるのかな?と思ってしまいました

no moreの位置に関して、何かルールがあったら教えてもらいたいです。

 

勉強レベル6 on 2018年8月25日 の質問 英語に関する質問.
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは家庭教師をしています

こんにちは、よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしています。 ■最寄駅 →JR千葉駅 ■教科 ①中学生 主要5教科(国数英理社) ②高校生 英語と数学 詳細はお気軽にお問い合わせください。 ツイッターも始めました。 ツイッター:https:...

A is no more B than C is D

(CがDではないようにAもBではない)

A can no more B than C can D

(CがDを出来ないようにAもBは出来ない)

のような形で使うのが基本だと思います。

イメージ的にはnotが入る位置にno moreが入り込んで来る感じだと思います。

またmoreはmuch/manyの比較級であることから、much/manyが入る場所をイメージ出来ると良いと思います。



I know no more about him now than when I first met him.

これに関してはこのno moreはknowにかかっているというより、knowの目的語のイメージです。

I know nothing about himのnothingみたいな感じです。

個人的にこの文はちょっといかがなものかなという気がします。



問題集の文のhas no more rightについてはno moreがrightを修飾していると考えて良いと思いますよ。

no rightのイメージでno more rightとして引っ付いている感じだと思います。

コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
kia
さんは家庭教師をしています

has no more right でright にかかっているのならno moreは名詞を修飾していることになるので形容詞ですね。no moreは副詞なのかと思ったら形容詞の時もあるのですね

あと、know no more about himで、no moreがknowの目的語になるなら、このときのno moreは名詞ですよね

no moreは、そのときによって副詞だったり形容詞だったり名詞だったりするのですか?

on 2018年8月26日 の回答
コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは家庭教師をしています

こんにちは、よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしています。 ■最寄駅 →JR千葉駅 ■教科 ①中学生 主要5教科(国数英理社) ②高校生 英語と数学 詳細はお気軽にお問い合わせください。 ツイッターも始めました。 ツイッター:https:...

上でも述べたように、much/manyの位置をイメージ出来ると良いかなと思います。

1.副詞としてのmuch

2.形容詞としてのmuch/many

3.名詞(代名詞)としてのmuch/many

の比較級としてmore→no moreが使われるイメージです。

has no more rightは形容詞としてのmuch/manyの比較級として、know no more about himは名詞(代名詞)のmuch/manyの比較級として、それぞれ役割を果たしていると考えることが出来ます。

コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは家庭教師をしています

こんにちは、よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしています。 ■最寄駅 →JR千葉駅 ■教科 ①中学生 主要5教科(国数英理社) ②高校生 英語と数学 詳細はお気軽にお問い合わせください。 ツイッターも始めました。 ツイッター:https:...

何度も何度もごめんなさい。

私自身でも色々と調べてみて、個人的に良いなと思った解釈があったのでご紹介させてください。



①比較級の前の言葉は「差」を表す。

②noはその差を「ゼロ」だということを表す



ことをイメージして、

A whale is no more a fish than a horse is.

を見ると、

クジラが魚であることと、馬が魚であること、どちらも差がないというのがこの文の言いたいことになります。

だから和訳は「クジラが魚だというのは、馬が魚だというのと同じである(差はない)」というようになります。

これはものすごく遠回しに「馬は魚なわけがないんだからクジラも魚ではない」ことを言っています。



私が参考にした方は「君に金を貸すのは、金をドブに捨てるようなものだ」という言い方とよく似たニュアンスだと仰っていました。

これも別に「否定」ではないけれど遠回しに「君に金を貸す気はない」という否定のニュアンスを出しています。



少しでも参考になれば幸いです。



コメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
kia
さんは家庭教師をしています

>何度も何度もごめんなさい。
いえいえ、とんでもないです。何度もありがとうございます。

>①比較級の前の言葉は「差」を表す。

>②noはその差を「ゼロ」だということを表す

>クジラが魚であることと、馬が魚であること、どちらも差がないというのがこの文の言いたいことになります。

これは凄くわかりやすいですね!心構えとしてはこれで行きたいと思います。

>上で①私は若くない②彼は「もっと」若くないと仰っていたので補足すると、この構文にもはや比較の意味はありません。ただの両者否定です。

「もっと」っての最初書いてたんですけど消したつもりだったんですが消し忘れてました。

前に別の所で、no more ~than・・・が、この「両者否定」というときと、「普通の比較」の時(画像参照)と
何が違うのか(長文で出てきたときにどこで違いを判断できるのか)を質問したことがあったのですが
そんな問題は出題されないと思うが、「両者否定」の時が多いだろうという事で終わりました。
なので、両者否定の方の考え方を疑問が無くなるまで考えようと思ったのですが、とても分かりやすい解釈を教えてもらえてよかったと思います。ありがとうございます。

RE: no more ~than・・・  について

on 2018年8月31日 の回答
コメントする

あなたの回答

プライバシーポリシー利用規約に同意して回答する