ログイン

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)は解けました。内接円の半径について(2)の問題です。...

■どこまで理解しているか


(1)は解けました。

■どこが具体的にわからないか


内接円の半径について(2)の問題です。
マーカー部分のa+b+c+2r=2とc-a-b+2r=0
までは式を立てれたのですが、なぜ2c+4r=2になるのか分かりません。
上の2つの式を繋げて解けばこの式になるのは分かるのですが、なぜ繋げるのか教えてください。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
アラタ
生徒
さん の回答 1週間前
(2)の問題文は、cをrで表せとなっています。
持っている情報は、問題文で与えられている条件から導いたa,b,c,rの関係式と、(1)で示したa,b,c,rの関係式です。
文字(変数)が4つで式が2つなので、通常ならもう一つ関係式を導いて、3つの式を使って文字を2つ(aとbを)消すところです。しかし本問では、先の2式の右辺と左辺を各々足すと、a,bが消えるようになっています。よって、もう一つの関係式を導くことなく、(2)の問題文で指定されているcをrで表した関係式を得ることができます。

他の質問・回答も見る