ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

それ以外は理解している。、(2)に関して質問です。答えでは-...

■どこまで理解しているか


それ以外は理解している。、

■どこが具体的にわからないか


(2)に関して質問です。答えでは-2<m<2の時異なる二つの実数解を持つと記されていますが、この範囲に含まれているm=±√3の時は重解を持つので1個の時もあるのではないでしょうか?

2週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
AZUKIS4845
生徒
さん の回答 2週間前
重解の場合の「個数」をどのようにカウントするのかは
問題によります。

こういう、解の種類判定の場合、重解も同じものが2つとして
「2個」とカウントします。

が、当然『異なる』ではないですね。

問題が提示されていないので何とも言い難いですが、
怪しいとは言えます。

同じ問題集の質問(285件)

問題集・参考書の情報

数研出版; 増補改訂版

他の質問・回答も見る