ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)の途中まで(1)の「定数aを分離する」という過程の意味...

■どこまで理解しているか


(1)の途中まで

■どこが具体的にわからないか


(1)の「定数aを分離する」という過程の意味と、(2)の書いてある内容がよくわからないです。

2週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
AZUKIS4845
生徒
さん の回答 2週間前
定数、つまり何か分からない数があると
グラフが動いてしまうので
それを分けて(=分離して)考えるわけです。

これによって
グラフは直線と曲線の2つに分かれますが
このうち曲線の方は定数がないため動かなくなります。

もう一方の直線を動かして、曲線との共有点について
考えるわけです。

曲線が動くと縦横斜め勝手に動いてしまいますが
直線なら上下の動きしかないので、分かりやすいわけです。

ですから、定数を分離して直線を動かして話を進めるわけです。
  • グラフが動かないようにするため、という視点がとてもわかりやすかったです!ありがとうございました!

    1週間前
回答へコメントする

同じ問題集の質問(151件)

問題集・参考書の情報

新興出版社啓林館; 4th Edit版

他の質問・回答も見る