ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

位相がずれると言うことは分かっています。薄膜が光よ波長より十...

■どこまで理解しているか


位相がずれることは分かっています。

■どこが具体的にわからないか


薄膜が光の波長より十分に薄い場合なぜ2つの反射光が弱め合うのでしょうか、なぜ強め合いにはならないのか分かりません。空欄オとカの部分です。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
アラタ
生徒
さん の回答 5日前
屈折率の低い媒質中を進む光が屈折率の高い媒質の表面で反射するとき、位相がπ変化します。逆に屈折率の高い媒質中を進む光が屈折率の低い媒質の表面で反射するときは位相は変化しません。本問は
①薄膜は十分に薄いので2つの反射波の光路差は0
②薄膜を挟む媒質の屈折率は共に薄膜より高いか低い
を前提として考えているようです。
②については設問に明示されていないので、薄膜を挟む媒質の屈折率が各々異なっている場合を想定すると答えは一意に決まりません。このような場合、試験時に出題者に設問の意図を確認できなければ、自分に都合よく(問題を解きやすい方向で)解いとけば良いと思います。

他の質問・回答も見る