ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

屈折率と分散について。 写真の図の真ん中の線を境界として、左...

■考えている内容や答え


屈折率と分散について。
写真の図の真ん中の線を境界として、左側を真空、右側をある媒質だとします。全て同媒質です。

光速の特徴として、「同媒質では波長が短いほど光速が遅くなる」とい
うものがあります。これについて質問があります。

まず、真空中では光速は同じです。なので入射波長が異なるということは振動数も異なると思います。
図の上から順に、波長大→波長中→波長小となっています。図の一番下に大小関係が書いてあります。

つぎに、屈折後のことを考えます。

波長大の屈折では、光速は他に比べて比較的遅くならないので、ちょっとだけ遅くなって波長もちょっとだけ短くなります。

波長中の屈折では、光速はまあまあ下がります。なので波長もまあまあ短くなります。

波長小の屈折では、光速がかなり下がるので波長もかなり短くなります。

ということは、もともと波長大の光はそこまで波長は減らず、もともと波長小の光がすごく波長が減るので、比較したら更に波長の差が大きくなると思います。

なので、真空中での波長関係をλ3<λ2<λ1とするならば、媒質中での波長関係はλ3≪λ2≪λ1となると思いました。


この考えはあっていますか?

■特に不安な点や、確認したいこと


間違っている部分があったら指摘してください

回答(0件)

他の質問・回答も見る