ログイン

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ある金属の酸化物(MO)66.9gを3.00gの炭素と反応さ...

ある金属の酸化物(MO)66.9gを3.00gの炭素と反応させ完全に還元したところ、金属Mが析出し、同時に全ての炭素は一酸化炭素と二酸化炭素となり、4:1の物質量比で生成した。この金属の原子量はいくらか。有効数字3桁で答えなさい。
この問題わかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 5か月前
炭素3.00gの物質量は0.25molなので
生成するCOとCO2の物質量の和は0.25mol、これが4:1の物質量比で生成したので
CO 0.20mol、CO2 0.05mol 生成したことがわかり、この中にO原子は0.30mol含まれており
これは金属酸化物MO由来なので、MO 66.9gの物質量は0.30molとわかり、式量は66.9/0.30=223
金属Mの原子量は223-16=207と求められます。
原子番号82番の鉛(Pb)ですね。
  • とてもわかりやすい解説ありがとうございます。

    酸素原子の0.3molになった計算過程がわからないのですがどのように求めれば良いのでしょうか。度々申し訳ありません。。。

    よろしくお願いします。

    5か月前
  • CO 0.20molに含まれるO原子は0.20mol、CO2 0.05molに含まれるO原子は0.10molなので合わせて0.30molになります。

    5か月前
  • ありがとうございます!

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る