ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

疑問詞のthe wayの後ろはto Vは持ってこれますか?...

■考えている内容や答え


疑問詞のthe wayの後ろはto Vは持ってこれますか?
先生に聞いた時にhow to V ならオッケーだけどthe way ならof 名詞と言われたのですが
普通に文章でthe way to Vがよく出てくるので混乱してます。
↓実際にわからなかったやつの内容です
長文の要約の問題だったのですが、
元は下の英文のthe way のとこの後ろをto readにしていたのですがthe way の後にはto Vはダメと言われました。そして
You require changing the way of reading books according to the kinds of books.
のようにthe way of 名詞(節) かthe way SV
ならオッケイだと言われました。

しかし他の文章で
The best way to learn a lot about country is to live in that country.
のようにthe way to Vが使われていたので、先程の先生が述べていたことと矛盾しているなと思ってしまいました。

■特に不安な点や、確認したいこと


疑問詞 the way の使い方について

1週間前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
ナカムラ
生徒
さん の回答 1週間前
たとえば、質問者さんが挙げている文では
way of reading books
であれば、本を読むスタイル、流儀
way to learn ○○
であれば、○○を学ぶ手段、方法ということですが、
前者はすでにしていること、どちらかといえば現在や過去のリアルな状況が思い浮かぶものです。どうやって本を読むのか、本を読む際の独自の流儀的なニュアンスを持っているでしょう。
後者はどちらかといえば未来思考で、これからどうやって学ぶのか、学ぶのに最善の方法、手段は何かといったニュアンスを持っています。

ことばで説明するのが難しく、分かりにくくて申し訳ないですが、way の後に限らず、of ~ing と to do には違ったニュアンスがあるので、用例を何個か調べて、使い分けの感覚を身に着けてみてください。
  • ありがとうございます!
    to vとingでのニュアンスの違いによってこの2つも分かれているのですね

    5日前
回答へコメントする
ナカムラ
生徒
さん の回答 1週間前
way to do だと、~する手段、方法
way of do だと、~するスタイル
ということを表します。ネットでいくつか用例を調べてみるとよくわかると思います。

こういう用法を一個一個形で覚えるのは大変なので、不定詞が表すニュアンスをまともな文法書で調べてみるのもよいかもしれません。
  • way to v だと~する手段
    way of だと~するスタイル
    と書いてくださったのですが、
    手段とスタイルの違いがあまりわかりません。

    1週間前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る