ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

熱と熱量の単元は理解してますが、この熱と物質の状態の単元が分...

■どこまで理解しているか


熱と熱量の単元は理解してますが、この熱と物質の状態の単元が分かりません

■どこが具体的にわからないか


使う公式と途中式を教えてください

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 2週間前
比熱の定義を理解していればわかるはずです。
氷の比熱が 2.10J/(gK) というのは、1gの氷の温度を1K上昇させるのに要する熱量のことなので、
14.0gの氷の温度を-10.0℃から0.0℃まで10.0K上昇させるのに必要な熱量は
2.10×14.0×10.0 で計算されます。
必要な熱量と得た熱量は等しいので、求める熱量は2.94×10^2J となります。

マナリンクの以下のコースの受講を検討いただければ幸いです。
https://manalink.jp/teacher/5930/courses/36
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る