ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

重ね合わせの理が成立すること電気回路学の問題なのですが、正解...

■どこまで理解しているか


重ね合わせの理が成立すること

■どこが具体的にわからないか


電気回路学の問題なのですが、正解は7/6になるそうです。
どのような手順で解くのか、途中式を教えてほしいです。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
アラタ
生徒
さん の回答 1週間前
重ね合わせの理を適用するために、各電源が1つだけ存在している回路に書き換えて、Iに流れる電流を求めると以下のようになります。
定電流源J1のみ:1[A]
定電圧源E1のみ:5/6[A]
定電圧源E2のみ:-4/6[A]

重ね合わせの理より、I=1+5/6-4/6=7/6[A]
  • 助かりました(´;ω;`)
    ありがとうございます!

    1週間前
  • 念のためですが、各電流源を取り除くときは、

    ・定電流源→開放

    ・定電圧源→短絡

    です。本問の回路に適用すると、非常に簡単な回路になって(抵抗と導線の並列になって、導線の方にしか電流が流れない)、あっけなく答えが求まります。

    1週間前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る