ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問題は滑らかな水平面での現象です。 わからないところ ・解...

問題は滑らかな水平面での現象です。

わからないところ
・解答で書かれているEの式、物体に加えられた仕事=運動量の変化の公式に似てますが、失われた力学的エネルギーと加えられた力は同義なんですか?それは何故ですか?
・どうして1/2×mv0^2(始めの運動量)がプラスで終わりの運動量がマイナスなんですか?
・Eの2行目の式変形がわかりません。

回答(1件)

keisangakkou
生徒
さん の回答 1週間前
 とりあえず E の2行目の式変形は  V = m Vo / ( m + M )  を代入して整理したんです。

  たとえば 最初の運動エネルギーが10、後の運動エネルギーが4のとき、 運動エネルギーの減少分は

   10-4=6   です。

  ゆえに 最初の運動エネルギーは  ( 1 / 2 ) m Vo^2 ,  後の運動エネルギーはマイナスです。

  念のために いておきますが、  ( 1 / 2 ) m Vo^2 は 運動量ではなくて、運動エネルギー 、 ですよね。  ( ^ ^ ; )

  失われた力学的エネルギーと、『力』ではなくて、 『力によってした仕事』と同義ですね。

 
  • なるほど、ありがとうございます。


    ・Eの2行目の式変形は、先に求めたvを代入しているんですね。

    ・失われた力学的エネルギー=加えられた負の仕事であり、E=で表す際に先にマイナスを処理して表している、で合っていますか?


    力学的エネルギー(運動エネルギー+位置エネルギー)と運動量の区別が曖昧だったみたいですね。

    助かりました。

    1週間前
  • 2つめの質問はあってます。

    1週間前
  • ありがとうございます!!よく理解できました。

    1週間前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る