ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
AZUKIS4845
生徒
さん の回答 5日前
これ、どれも素早く解ける方法はありますが、
「全く分からない」という状態ならばまずは
地道に考えることをお勧めします。

地道に考える方法をきちんと理解していないと
素早く解く方法を覚えても、原理が分からないから
「すぐに忘れます」
  • 問1

    2つのサイコロについて、樹形図を描いて考える。

    1個目が1なら2個目は何が出ればよいのか

    これを1個目6まで描いて法則を探ってみる。

    5日前
  • 問2

    まずは目の組を考える。次にどのサイコロにどの目が出るのかを考える。


    最大値5の場合の目の組は

    115,125,135,145,155,225,235,245,255,

    335,345,355,445,455,555

    これを

    (A)125,135,145,235,245,345

    (B)115,155,225,255,335,355,445,455

    (C)555

    の3つのグループに分けて、

    (A)3つのサイコロの出方は目の組1組に対して3!=6(通り)

    (B)サイコロの目の出方は目の組1組に対して3通り

    (違う目がどのサイコロに出るか)

    (C)1通り


    残りの2つの問いも同様に考えればよい


    5日前
  • 問3

    これも目の出方を考えていけばよい。

    等号がないほうは樹形図を描く。

    (樹形図で数えても数えられるくらいの数しかない)

    次に等号を含むほうを考える。

    等号がないほうに加えて

    x[1]=x[2]<x[3]

    となる場合

    x[1]<x[2]=x[3]

    となる場合

    x[1]=x[2]=x[3]

    となる場合を考えればよい。

    5日前
  • 重ねて言いますが、

    まずはこれらの方法で求める方法を

    きちんとマスターすること。

     

    今後、別の回答者がもっと早く求める方法を教えてくれるかもしれませんが、今載せた基本が分らないままそれにすぐに飛びつくと、すぐに忘れますし応用もききません。基本を理解し、早く求める方法の原理をきちんと理解したうえで、早く解く方法を使うなら使うことです。

    5日前
  • ここからは、一応早く解く方法を紹介しておきます。

    ここの解き方をする場合は、上の基本をきちんと理解し、

    さらにここの解き方の仕組みを理解することです。


    問1

    樹形図を描いて分かったと思いますが、全ての枝葉から3本出ています。

    1個目奇数なら2個目奇数、1個目偶数なら2個目も偶数だからですね。

    これはサイコロが何個増えても同じこと。だから、求める確率は1/2。

    原理を知っていれば、マーク式なら問題を見た瞬間1/2で終わりです。

    (ただし、これがカードなどで、偶数奇数の数が異なる場合は

    1/2にはならないので十分注意しましょう)


    問2

    最大値5

    =(3個とも5以下)-(3個とも4以下)

    という裏技があります。

    これに関しては、樹形図などで

    「このように考えてよいことをしっかり確認してから」

    公式のようにして理解しておくと良いでしょう。

    最小値3も同じく

    (3個とも3以上)-(3個とも4以上)

    で出ます


    問3

    等号がないものは6C3

    (樹形図を描いてみたら分ったでしょう)

    1,2,3,4,5,6から3つを選んで

    小さい順に並べればx[1],x[2],x[3]の目が決まる。

    6つから異なる3つをとる組み合わせ1つに対して、

    目の決め方が1通りに決まる(1:1対応)ので

    6C3=20(通り)となる。

    (この解答の場合、1:1対応がミソですので

    記述式ならばこれをきちんと記述すること)


    等号を含むもの

    同様に考えて6H3=8C3=56(通り)

    (Hは重複組み合わせです。勉強してみてください)


    なお、さらに裏技を紹介すると(これは記述式の場合は

    使わないほうがいいかもしれません)

    x[2]の目を+1,x[3]の目を+2とすれば

    1,2,3,4,5,6,7,8の8つの数字から

    異なる3つを選ぶ組み合わせとサイコロの目の出方が

    1:1に対応することから、8C3=56(通り)

    と求められます

    (1:1になることを確認してみてください

    ちなみに、これは私のオリジナル解法です。

    6H3=8C3から、どうにか8C3のほうを

    説明できないか考えて編み出しました)

    5日前
  • ありがとうございました🙇🏻‍♂️

    4日前
  • ほんとにありがとうございました😊

    4日前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る