ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

■分からないこと ヒントの欄の一番下の式が足し算になる理由...

■分からないこと
ヒントの欄の一番下の式が足し算になる理由

■考えている内容や答え
解答&解説の真ん中らへんにYの区間とXの区間の片方"または"もう片方の区間と書いてあるので、
P(y ≦Y ≦y+Δy)=P(x ≦X ≦x+Δx)または
P(y ≦Y ≦y+Δy)=P(-x -Δx≦X ≦-x)
が成り立つ
もし足し算にするのであればYの区間の確率の方に係数2が必要ではないですか?

よろしくお願いします。


スバラシク実力がつくと評判の演習統計学キャンパス・ゼミより

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
keisangakkou
生徒
さん の回答 2週間前
  質問の気持ちはわかります。 でも 問題で求めるのは

   y≦Y≦y+⊿y つまり Y が yと y+⊿y の 間に入る 『確率』 ですので、 2倍には しません。

  グラフ のかたちより

 Y が y と、 y+⊿y の間に入る ケース = (Xが xと x+⊿x の間にある時)+(Xが -xー⊿x と -x の間にある時)

 ということです。

他の質問・回答も見る