ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

It is important to acknowledge...

■どこまで理解しているか


It is important to acknowledge the past rather than to deny or ignore it.
However, it is just as crucial to focus your attention on where youʼd like to
be.
上記の英文に関して、最後のほうの where(またはそれ以下) は文法上どう説明されるのでしょうか。

■どこが具体的にわからないか


関係副詞と考える場合、beの後ろの目的語が無いように思うのですが、これでも完全文として成り立っているのでしょうか。
また不完全文であるから、関係代名詞と取ろうにも where には関係代名詞の働きはないと理解しています。
もしくは疑問詞とつかわれており前置詞 on の目的語として名詞節を作るはたらきとなっているのでしょうか。
某映像授業サービスの問題にあった英文でおそらくどこかの過去問だと思います。
コピペしたのでこちらの入力ミスはありません。
なにが正しいのかを知りたいです。よろしくお願いします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
山田先生
先生
先生 の回答 2か月前
こちら(the place)whereという先行詞の省略パターンかと思われます。
他に(the time)whenや(the reason)whyなんかもありますね。
「場所」「時」「理由」なんていう“そのまんま”な先行詞は省略しちゃっていいよ、という。

ちなみにwhereの後ろの部分は“S+beV”で第一文型になっているので、完全文という解釈で大丈夫です。
あなたがベストアンサーに選んだ
山田
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る