ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

返読文字もないのに、どうやって返り点や送りがなを付けるのか?...

■考えている内容や答え


返読文字もないのに、どうやって返り点や送りがなを付けるのか?

■特に不安な点や、確認したいこと


文を暗記していないと、解けない問題なのでしょうか。

1か月前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
>返読文字もないのに、どうやって返り点や送りがなを付けるのか?

②の「有」は返読文字ですよ。再読文字と混同しているのでしょうか。
「有A」ならば「A有り」と読みます。つまり有りに返るように返り点を打ちます。

①に関しては、漢文は「主語+述語」「述語+目的語」で文が構成されている知識があれば、返り点を打てるでしょう。
「対牛」の部分は「対」が「対する」と言いますから動詞の用法なのかなと考えてみて、「牛」はそのまま「牛」ですからこれが「対」の目的語だろうなと考えられます。
「弾琴」の部分も「弾」が「弾く」で「琴」がそのまま「琴」だと考えれば、「琴」が「弾」の目的語だろうなと考えられます。
どちらも「述語+目的語」の組み合わせだと考えて、これに返り点を打つには「目的語+述語」になるようにすれば良いわけです。

送り仮名に関しても、特別難しい漢字が使われているわけではないですから何とか初見でも書けるとは思います。
①は「対する」に関しては「〜に対する」と言いますから「牛に対する」と、「弾く」に関しては「〜を弾く」と言いますから「琴を弾く」と書けます。「牛に対する」は「琴を弾く」に繋がるように「牛に対して」と直せば「牛に対して琴を弾く」と書き下すところまでいけるでしょう。
ちなみにこれの意味は「馬の耳に念仏」に近いです。
※「対」は動詞かなと思って話を進めてきたわけですが文の意味から考えたらいわゆる「前置詞」と考えたほうが良いでしょう。
※ちなみに本当は「牛に対して琴を弾ず」と書き下すのが一般的かもしれません。ただ「弾ず」が分からなくても「弾く」と書ければ十分な気はします。

②は「一智」がひとつのまとまりになるなというのに気付ければ「三人同行すれば必ず一智有り」のように書き下すことも出来るかと思います。
意味は「三人寄れば文殊の知恵」のような感じですね。
※「同」を「同(とも)に」として「三人同に行けば、必ず一智有り」とすることも出来るでしょうが、現代語でも「同行する」という言葉があるので「同行すれば」と書ければ十分だとは思います。

文を暗記しなくても上に挙げたようなある程度の知識があれば、完璧とは言わずとも「こうかな?」と多少なりとも返り点や送り仮名を振ることは出来るでしょう。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

よっしー
オンライン家庭教師

自己紹介

こんにちは、家庭教師のよっしーです。 よっしーと呼んでください。 2014年から家庭教師をしていま...

合格実績

合格実績に関してはそれらは生徒の実績であって私の実績ではないと思っています。 なのでこれまでの合格実...
  • 丁寧で分かりやすい回答をありがとうございます!

    1か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る