ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問2について (6)より 原子がヘリウムかアルゴンであること...

■考えている内容や答え


問2について
(6)より 原子がヘリウムかアルゴンであること以外の条件を同じにするとαはλに比例することが分かる。
ここでλはdに反比例するが(Heのλ)<(Arのλ)より(Heのα)>(Arのα)、
よってヘリウム//

■特に不安な点や、確認したいこと


勝手に原子以外の要素を固定しているので、この操作を行っても大丈夫か不安です。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 9か月前
(6)より、熱伝導度αは分子の平均自由行程λと平均速さv(バー)に比例し、(2)よりλは分子直径dの2乗に反比例するので、λはdが小さいヘリウムのほうが大きくなります。そしてPoint16の②より、分子の平均運動エネルギーは温度一定であれば一定で、1分子の質量はヘリウムのほうが小さいので、平均速さはヘリウムのほうが大きくなります。
平均自由行程も平均速さもヘリウムのほうが大きいので、熱伝導度はヘリウムのほうが大きくなります。
  • なるほど そのように考えれば良いのですね 
    ありがとうございました!

    9か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る