ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

この文法自体は理解している。なぜ、to have 過去分詞の...

■どこまで理解しているか


この文法自体は理解している。

■どこが具体的にわからないか


なぜ、to have 過去分詞の形になるのか。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
あしまる先生
先生
先生 の回答 7か月前
こんにちはー!
この問題のhad to haveの後ろのhaveはいわゆる「使役動詞」と呼ばれるものです。

通常、使役動詞"have"は"have + O (人)+ 動詞の原形(原型不定詞)"で使われ、「O(人)に~してもらう」という誰かにお願いしてやってもらうタイプの文章を作るときに使われます。

EX) I had the doctor look at my legs. / 私は医者に自分の脚を診てもらった。

しかし、have(ついでにget)は依頼する誰かのことよりも、自分が何をしてもらったのか(してもらいたいのか)のほうが重要になる場合があります。それが今回の文章です。普通、"have + O(大抵は物) + 過去分詞"の形で使役動詞が使われると、「O(もの)を~してもらう」という文章が成立します。
今回ですと「私のコンピューターを直してもらう」と言いたいので” have my computer repaired"という文章をto以下で作っているんです。コンピューターは修理「される」側ですから、この部分は受け身になるべく過去分詞が置かれているんです。

---------------------
使役動詞・知覚動詞には、今回のように現在分詞・過去分詞を利用した表現が結構あります。この機会に調べておくと、この文章の理解も深まると思いますので、ぜひ実践してみてください。
  • 大変丁寧なご説明のおかげで、理解することができました。ありがとうございました。

    7か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
あしまる
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る