ログイン

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

答えの導き方と条件付き確率の公式は分かります。Aで作られた部...

■どこまで理解しているか


答えの導き方と条件付き確率の公式は分かります。

■どこが具体的にわからないか


Aで作られた部品である事象をA、Bで作られた事象をB、不良品である事象をEと置きました。Aから1%、Bからは0.5%の割合で不良品が出るとされていて
それぞれPA(E)=1/100, PB(E)=0.5/100
とするのが正しいのはわかっているのですがどうしてP(A∩E)=1/100, P(B∩E)=0.5/100では間違いなのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
石川 正昭先生
先生
先生 の回答 1年前
P(A∩E)が表しているのは、機械Aと機械Bの製品が混じっている中から無作為に1個取り出したとき、それが「機械Aの製品であり」かつ「不良品である」確率です。

したがってP(A∩E)=(60/100)x(1/100)でなくてはなりません。

はじめから「機械Aのもの」であることがわかっているなら、それが不良品である確率は1/100ですが、それはPA(E)=1/100ですね。
  • わかりました!ありがとうございました!

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
石川 正昭
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る