ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

2の書き換え問題について質問です。正解がイなのは理解できまし...

■どこまで理解しているか


2の書き換え問題について質問です。正解がイなのは理解できました。

■どこが具体的にわからないか


アとエはなぜダメなのでしょうか?決められた書き換えの表現があるのですか?

問題部分は赤です。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
よっしー先生
先生
先生 の回答 7か月前
きちんと文意が取れているかどうかが選択の決め手になります。

Japan is the only country of non-Western cultural background to have achieved an advanced democratic system.

この文はまず“Japan is the only country”だと言っています。
ではどういう意味で“the only country”なのでしょうか。

まず“of non-Western cultural background”だと言っています。これはcountryを修飾(限定と言い換えても良い)しています。

さらに“to have achieved an advanced democratic system”だとも言っています。これもcountryを修飾(限定)しています。

以上のことを踏まえるとJapanは
①of non-Western cultural background
②to have achieved an advanced democratic system
の2つの属性を持っている“the only country”であるということが分かります。

言い換えると「①でもあり、かつ②でもある、両方の属性を持つという意味で唯一の国」なのだと言っています。
さらに言えば①である国は他にもあり、②である国も他にあれど、①かつ②を満たしているのはJapanだけ、というのが本文の言わんとするところです。

これを踏まえて選択肢を吟味するとまずアは
Japan is only one country with a non-Western cultural background
と言っていますね。
つまり「①である唯一の国」の意味になります。
これは本文の意味に合いません。
アの選択肢は「他に非西洋文化を持つ国がない」ことを示唆します。この点が本文と違うところです。
which has achieved an advanced democratic system
の部分は非制限用法なので「日本がthe only countryである所以」にはなんも関与しないのです。
アは「唯一の①であるJapanは②でもある」という内容となり、不適切です。

エも実はアと同じ意味で間違いなのです。
the only country that has no Western cultural backgroundの部分はあくまでJapanの補足的説明であり、アと同じく「唯一の①であるJapanは②である」という内容になっています。これも本文に合いませんから不適切です。

繰り返しになりますが、本文の説明は「Japanは『①かつ②』を満たしてるthe only country」というものです。
①だけのものなら他にもあるし②だけのものなら他にもあるが、両方を兼ね備えているのはJapanだけ、ということです。
アとエはどちらも①であるのはJapanだけ(他の国は①ではない)という内容になるので本文とは合いません。

決められた書き換えの表現があるというわけではなく、文法的な観点からちゃんと文意を読み取れるかどうかが問われています。
  • 回答ありがとうございました。載せてくださった画像を見て正解の文と不正解の文の意味的違いは分かりました。

    ただまだ文法的になぜその意味ととれるのかが分かりません。

    which has achieved an advanced democratic system

    の部分は非制限用法なので「日本がthe only countryである所以」にはなんも関与しない

    とあるのですがなぜ非制限用法だと関与しないのでしょうか?

    分かりにくい質問ですいません。


    7か月前
  • 関係代名詞の制限用法と非制限用法の使われ方の問題です。「制限用法」はその名の通り「制限」が役割です。

    「非制限用法」はあくまで「補足」であって「制限」という役割が無いのです。

    例を挙げて説明します。


    ①All the students in the class who failed the math test have to hand in their assignments by Friday.


    ②All the students in the class, who failed the math test, have to hand in their assignments by Friday.


    ①と②はwho failed the math testが関係詞節になっていますが、それぞれ①制限用法②非制限用法となっています。


    ①はstudentsの中でも

    (ⅰ)in the class(そのクラス)の人たち

    という限定もありながら

    (ⅱ)who failed the math test(数学の試験に落ちた)

    という限定も加えています。

    特に(ⅱ)によって「そのクラスの中でも数学の試験に落ちた学生」という制限を加えています。

    この制限を加えることで「数学の試験に合格した学生」もいることを示唆しています。制限を加えるということは「他との区別がある」ことも意味します。

    意味としては「そのクラスで数学の試験に落ちた学生は全員金曜までに課題を提出しないといけない」の意味です。


    ②は

    (ⅰ)in the class(そのクラス)の人たち

    という限定しかありません。

    who failed the math testはあくまでall the students in the classの補足説明です。

    つまり内容としては「そのクラスの学生は全員数学の試験に落ちた」のだということを意味します。

    文全体は「そのクラスの学生は全員数学の試験に落ちてしまい、金曜日までに課題を提出しないといけない」の意味になります。


    ①と②で全く文意は異なります。

    7か月前
  • 本文に立ち戻って考えるとこうなります。

    7か月前
  • 回答ありがとうございました。細かい説明でとても分かりやすく、非制限用法に対する理解が曖昧なのに気づけました。

    7か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る