ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問3 (1)までは分かりました。問3 (2)でなぜ −V+u...

■どこまで理解しているか


問3 (1)までは分かりました。

■どこが具体的にわからないか


問3 (2)でなぜ −V+u_by=0という式が成立するのですか?

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 11か月前
鉛直方向は上向きを正とし、重心の速度は鉛直下向きで大きさVとなっているので、重心の速度は-Vとするのが適正で、解答のように -V + u_By = 0 から u_By = V (鉛直上向きに大きさV)とするのがよいと思います。
  • >>鉛直方向は上向きを正とし、重心の速度は鉛直下向きで大きさVとなっているので、重心の速度は-Vとするのが適正

    相対速度は「速さ」でなく「速度」で考えるのでVはそのまま扱うものでないのですか?

    11か月前
  • 問題の条件をよく読んで、この問題では、鉛直上向きを正の向きとし、重心の速度は鉛直下向きに大きさVとされているので、-Vとするのが適正と考えます。

    11か月前
  • なるほど
    よく理解出来ました。
    ありがとうございました!

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 11か月前
おもりBは床から離れないので、おもりBの床に対する速度の鉛直成分は右辺のとおり0になります。
一方、おもりBの床に対する速度の鉛直成分を、おもりBの重心に対する速度の鉛直成分(これをu_Byとしました)と、重心の床に対する速度(これは鉛直成分のみで-Vとなります)の和として表したのが左辺で、同じものを表しているので等号で結ばれるわけです。
  • なぜ「おもりBの床に対する速度の鉛直成分」と「おもりBの重心に対する速度の鉛直成分と、重心の床に対する速度の和」は等しくなるのですか?

    11か月前
  • ご確認ください。

    11か月前
  • 床に対するおもりB,重心の速度をそれぞれ(v_b),(v_重)として,重心に対するおもりBの相対速度を(v_重b)とする(速度はすべて鉛直方向で考えます)と

    (v_重b)=(v_b)-(v_重)となるので

    (v_b)=(v_重b)+(v_重)と変形できると思います。

    今回の問題では、(v_b)=0 , (v_重)=V , (v_重b)=u_Byなので

    u_By=-V

    というように考えてしまいます。

    このような考えではないのですか?

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る