ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)は分かりました。(2)の図2を縦波表示にしたのですが、...

■どこまで理解しているか


(1)は分かりました。

■どこが具体的にわからないか


(2)の図2を縦波表示にしたのですが、なぜt2が「空気が最も大きく変位している点」になるのですか?
私の書いた図が合っているならt6になると思ったのですが、図が間違っているのですか?

回答(3件)

ベストアンサーに選ばれました
加茂先生
先生
先生 の回答 11か月前
x2,x6は変位は最大ではありません。
縦軸がPになっていますから、縦軸を変位yに直す必要があります。
  • >>縦軸がPになっていますから、縦軸を変位yに直す必要があります。

    図bは解答に描いてある図で縦軸は変位yだと思います。

    11か月前
  • なるほどです しかし一つ疑問に思ったのですが、なぜ点Pがx0と対応するのですか?

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
加茂
さんは先生をしています

詳しくはこちら
加茂先生
先生
先生 の回答 11か月前
x-p図をx-y図に変換すると、変位が最大のところは密度変化0で少し右に波形をずらすと、変位も圧力も減少することがわかります。

t-p図を見て、t2は圧力変化0で少しだけ時間が経過すると圧力はマイナスになっています。
よって、t2が正の変位最大です。
  • >>x-p図をx-y図に変換すると、変位が最大のところは密度変化0で少し右に波形をずらすと、変位も圧力も減少することがわかります。

    変位が最大のところは、図bでいうとx2とx6だと思います。少し右に波形をずらすと、x6では変位、圧力共に減少しますが、x2では変位、圧力共に増加します。「なぜ変位が最大のところは密度変化0で少し右に波形をずらすと、変位も圧力も減少することがわかります。」となるのですか?

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
加茂
さんは先生をしています

詳しくはこちら
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 11か月前
音波における、ある時刻における波形を示すy-x図と、ある地点における変位の時間変化を示すy-t図とを混同されているようです。
書かれた図は、図1の時刻t0におけるp-x図からy-x図を描いたものになります。(横軸はtではなくxとなります)
書かれた波形(横軸はx)から時間を少し進めるとx0における変位は0から増加することからわかるように
図2の地点Pにおけるp-t図からy-t図を描くとt0における変位は0でそこから時間が進むと増加しt=t2で最大となります。
  • >>音波における、ある時刻における波形を示すy-x図と、ある地点における変位の時間変化を示すy-t図とを混同されているようです。
    書かれた図は、図1の時刻t0におけるp-x図からy-x図を描いたものになります。(横軸はtではなくxとなります)

    私が書いた図は図2のp-t図の粗密を元に書いたのですが、なぜこの図がy-t図でなくy-xになるか分かりません。
    私的には、時間に関する図から新しい図を作成したので、tが絡んでくると、考えてしまいます。
    なぜなのですか?

    11か月前

  • 11か月前
  • p-x図からy-x図を描いたのと同じようにp-t図からy-t図を描くわけにはいかないのです。

    11か月前
  • >>p-x図からy-x図を描いたのと同じようにp-t図からy-t図を描くわけにはいかないのです。


    すみません。

    やはりなぜp-x図からy-x図を描いたのと同じようにp-t図からy-t図を描くわけにはいかないのか分かりませんでした。


    また、添付してくださったグラフもどこの情報からp-t図からp-x図を描いたのかわかりませんでした。

    11か月前
  • 後のコメントから回答しますと、位置x0におけるp-t図でt=t0のとき圧力最大になるのでt=t0におけるp-x図はx=x0で圧力最大になることから上から2番目に書いたp-x図が得られます。

    そもそも私が書いた上から2番目の図は解答の図a、上から3番目の図は解答の図bと同じでここまでは納得理解されているのですよね。

    この図から時間が少し経過すればx0における変位は上昇することがわかるので、x0におけるy-t図は私が書いた一番下の図になることはわかりませんか。

    p-x図からy-x図を描いたのと同じようにp-t図からy-t図を描くわけにはいかない理由はy-x図とy-t図が同じ形にはならないからです。

    11か月前
  • >>この図から時間が少し経過すればx0における変位は上昇することがわかるので、x0におけるy-t図は私が書いた一番下の図になることはわかりませんか。


    はい、分かりますが、なぜ位置Pがx0と対応していると分かるのですか?

    11か月前
  • 問題の図2は、位置Pでの圧力の時間変化であり、この図から位置Pで時刻t0において圧力が最大となっていることから、時刻toにおける圧力の波形(解答の図a)における圧力が最大の位置x0が位置Pに対応していることになります。

    11か月前
  • なるほどです ということは圧力が1番大きくなる時はy‐x図中の速さ(?)が1番大きくなる時 ということですか?

    11か月前

  • 11か月前
  • 添付した図にあるように、y-x図において右下がりのy=0のところが最密つまり圧力最大となりますので、そのときの媒質振動速度は負の向きに最大ということになります。

    11か月前
  • なるほどです 理解できたと思います。

    長い間付き合っていただきありがとうございました!

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

同じ問題集の質問(112件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る