ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(ク)までは分かりました。(ケ)の解説の図で原点(O)が腹と...

■どこまで理解しているか


(ク)までは分かりました。

■どこが具体的にわからないか


(ケ)の解説の図で原点(O)が腹として描かれていますが、なぜ腹になるのですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
Pは自由端反射する点なので腹となり、問題文の9~10行目にPとOの位相が同じであったとあるからではないでしょうか。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

G_Imamura
オンライン家庭教師

自己紹介

大学院修了後、化学メーカーで25年間勤務し、研究開発、環境安全、検査分析業務に従事してきました。 こ...

合格実績

小学生から社会人まで25人程の指導実績があり、坂出高校、尽誠学園高校、広島大学等への合格実績がありま...
  • なるほど 理解できて良かったです。
    ありがとうございました!

    5日前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(103件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

関することもできる)。 76 (円形波の反射と干渉) ある点から1波長分離れた点での振動は同位相となる。 の互いに逆向きに進む、振幅、波長、速さが等しい波が重ねあわさると、定在波を生じる。 分定在波の腹と腹 (節と節)の間隔はもとの波の半波長に等しい。 (ア) 波の伝わる速さをむとおくと ー t1 と表すことができるので, 「y%3DFA」より f=D えむ (イ) 点Pと点0が同位相であるので, 2点間の距離は波長の整数倍となる。 よって n=r (ウ)図aのように、 壁に対する点Pの対称点を点Pとおくと, 経路の長さ OAPはOP'に等しくなる。よって OP' を求めると /(21)* + p² =/Al"+ out ((イ)と同様に考えて mi3 4+r (オ)点Aでの反射は自由端反射なので、点Pで直接波と反射波が強めあうには、 直接波と反射波の経路差が波長の整数倍であればよい。 kA=/AT+r-y (カ)けの結果より,1=ムのときは ki=4?+ーア 1=1』 のときは(k+1)ス= 4+ーア と表すことができるので, これら2式より *...2 エーズ 三用いる(キ)この波...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります