ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(4)の定在波の式変形までは分かりました。(4)の解説青線部...

■どこまで理解しているか


(4)の定在波の式変形までは分かりました。

■どこが具体的にわからないか


(4)の解説青線部分の説明がよく分かりません。
なぜsinがxでの振幅を表し、cosがtに依存した振動を表して、波は進行しないのですか?

回答(0件)

同じ問題集の質問(103件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

して次の(a)~(d)に当てはまるものをそれぞれ、位 置AからMの中からすべて答えよ。 媒質の変位が常にEと等しい位置 媒質の変位を逆向きにすると常にEと等しくなる位置 (c) 媒質の変位が常に0である位置 (d)媒質の振動の振幅が最大である位置 x=0 の壁で自由端反射する場合について、次の問 いに答えよ。 時刻t=-T でのx軸の負の方向に進む反射波 を、図3に点線でかけ。 また、 このときの入射波と 反射波が重なりあってできた合成波を図3に実線でかけ。 75.(正弦波の式と定在波) ある媒質中をx軸の正の向きに速さゃで減衰することなく進行している連続波を考える。 この波の振幅を A, 周期をTとすると、x軸上の原点Oでの媒質の変位は時刻tの関数とし ABCDEFGHIJKLM 0 r(m) 7. (14 Ak A) てy=Asinしで表される。これを入射波として x=DL (L>0) の位置で固定端反射さ せる。反射による波の減衰は無視できるとする。 (1) 入射波の振動数子と波長入をとTで表せ。 (2610-5)

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります