ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

因数分解の解き方(6)の式を因数分解する問題で、答えは(a+...

■どこまで理解しているか


因数分解の解き方

■どこが具体的にわからないか


(6)の式を因数分解する問題で、答えは(a+b)(b+c)(c+a)でした。どうやって解けばいいのか教えてください。よろしくお願いします🙇‍♀️

回答(1件)

オンライン家庭教師
こんにちは!複雑な因数分解はめんどくさいですよね~

基本的な解法は画像のほうを参照してください。こういう問題を解くときの基本方針をこちらで説明します。

①共通因数がすぐに見つからない場合は、展開して整理整頓する!
この問題はすぐには共通因数が見つからないと思います。よって、一旦展開して、整理整頓します。この時、私もやっているように展開の計算がどの部分の計算なのか自分でわかるように書いておくと、計算ミスが減ります。

②最高次数の文字について降べきの順に並べ替える!
今回この問題は最高次数は2であり、aでもbでもcでも大丈夫です。どれかを基準にして降べきの順に並び替えてみましょう。この問題の場合は、並び替えた結果、共通因数( b + c )がみつかったのでそれを括りだしています。見つからない場合で、2次式ならたすき掛けを利用しましょう。
あとは因数分解できるはずです。

展開するのが非常にめんどくさいのですが、こういう情報量が多い問題は「部分で切り取って、それぞれで計算」するようにしましょう。一気に全部展開してもいいことはないので、「とりあえずaからかけていくか」ぐらいの感覚で解くといいんじゃないかな?と思います。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

あしまる
オンライン家庭教師

自己紹介

指導歴7年、大手個別指導塾で小学生~高校生を始め、浪人生や不登校の生徒まで対応してきました。ほとんど...

合格実績

指導歴7年 合格実績 高校:熊本高校、真和高校、熊本北高校など 大学:熊本大学、山口大学など 文系...
  • 助かりました!
    分かりやすい解説ありがとうございます🌸

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
あしまる
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る