ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

p402のコラム「同様に確からしいとは(その②)」について、...

■どこまで理解しているか


p402のコラム「同様に確からしいとは(その②)」について、何を全事象と見るかによって簡単になることは理解しています。

■どこが具体的にわからないか


右ページ解答3で分母が10×9となっていますが、これは9×7ではないのでしょうか?
解答3では2番目の人の引けるくじが10通りあることからこの分母になったと思うのですが、2番目の人は1番目の人が引いていない9通りではないかと思ってしまいます。
正直なところ、全てのくじを区別する場合との考え方の違いを理解できていません。
解答1、解答3の違いも踏まえてご説明いただけると嬉しいです。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
こんにちは!FocusGoldのコラムですよね!?
結構興味をそそる面白いこととか、大事な精神まで書いてあってつい見入ってしまいます笑。

解法1と解法3は似たようなことを言っているように見えますが、実はまったく考えていることが違います。おそらく解法3のほうの意味を取り違えている可能性があります。

解法1は、くじ引きをすべて区別したうえで、「1番から10番まで並んでいる人の隣に、くじ引きを10枚並べる」という方法で確率計算をしています。この10枚のくじの並び替えはすべて区別しているので、10!通りありますね?
この10!通りのうち、2番目の人の隣に当たり3枚のうち1枚がくればいいので、まず最初に隣に来る1枚を選んで3C1、そのあと残りの9枚を並び替えるので9!という方法で計算しています。
この解法の最大の特徴は、「1番から10番まで並んでいる人全員の当たりはずれを検討できている」ことにあります。要は、1番さんとか5番さんとかの引くくじのことも一応わかってしまうんですね!(10枚並び替えてるんだからそりゃそうなんですが...)

解法3は解法1に比べると「調べたい2番以外のことは完全に無視している」という点でこの解法1と異なります。くじを区別しているという点はほぼ同じなのですが、「この区別しているくじ引き10枚のうち、どれを2番さんがひくのか?」だけに注目をしています。1番がくじを引くことなんて「全く考えてません」。10枚のうちのどれかが2番さんのもとにやってくるとしか考えていないんです。「同様に確からしい」というのは「どの10枚も2番さんのもとに来る可能性があるよ」って言っていると考えても大丈夫です。
よって、解法3の説明は「どの10枚も2番さんは引く可能性があって、そのうち3枚は当たりだから、確率は3/10」と言っているのです。

そして、最後の2番さんと4番さんがあたりを引く確率。ここまでくると何となくわかると思いますが、「2番と4番以外の人がおみくじを引く」ことなんて全く考えていません。この場合、おみくじにA~Jまで名前を付けてあげたとき、2番がAを引いて、4番がBを引く場合と、2番がBを引いて、4番がAを引く場合は区別をしています。当然ですが、2番と4番が同時にAを引くことはありません。
よって、分母は10P2=10×9となります。
あとは当たりくじ3枚のうち2枚とって並び替えるのと同じなので、分子は3P2=3×2となるわけですね。

これができるのは、考えたいそれ以外の人の行動が、2番と4番の人に全く影響を与えない場合です。
1番の人がAを引いたら、2番はAを引けませんが、1番がBを引いていれば、2番はAを引く可能性が残っています。結局のところ、1番が何を引いたかは知らなくても、A~Jまでのくじはすべて2番が取りうるので成立するわけですね!

-----------------------------
今回は「同様に確からしい」の話でしたね!「同様に確からしい」っていうのは「どの確率も、おなじ程度発生しうる」ということがポイントです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

あしまる
オンライン家庭教師

自己紹介

指導歴7年、大手個別指導塾で小学生~高校生を始め、浪人生や不登校の生徒まで対応してきました。ほとんど...

合格実績

指導歴7年 合格実績 高校:熊本高校、真和高校、熊本北高校など 大学:熊本大学、山口大学など 文系...
  • 解答1と解答3を混同していましたが、こんなに考え方が違ったのですね!
    コラムの表現だと理解しづらかったのですが、平易に言い換えて説明してくださったおかげですんなり理解できました。
    それぞれの考え方の特徴までご説明いただき、とても参考になります。
    丁寧なご回答ありがとうございました!

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
あしまる
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(109件)

問題集・参考書の情報

新興出版社啓林館; 4th Edit版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

402 7 %23 Column 24 「同様に確からしいとは?(その2)」 ここでは、p.376のColumn で少し説明した「同様に確からしい」という考 (ARS 2 3本の当 たりかは にの10 このう から2本 方を用いると、計計算が楽になる例を挙げてみよう。 (問題) 地の中に 10本のくじが入っており。そのうち3本が当たりである とする。10人が新の中から無作為に1本つくじを引いていく。 ただし、引したくじは箱に戻さないとする。このとき,次の確率を よって 求めよ。 (1) 2番目の人が当たりくじを引く確率 図 4番目の人が当たりくじを引く確率 2番目と4番目の人が当たりくじを引く確率 その (ARIR) 「くじ引きは引く順番に関係なく平等である」ということを示す問題である。 (1については、当たりを○, はずれを×とすると、1番目の人の結果より、 ○O. ×○の2通りがあり、 ことに 327x3 27 109 "10 *9 90 10 として答えは出る。 3 しかし、この方法では「7番日の人が当たりを引く」場合、とても大変である。 (場合分けがとてつもなく多くなる) そこ...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります