ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

問1の(3)(6)(8)がわかりません (3)の答えはsta...

■考えている内容や答え


問1の(3)(6)(8)がわかりません
(3)の答えはstarts
(6)の答えはlost、was seeing
(8)の答えはwill be travelling

■特に不安な点や、確認したいこと


(3)はなぜこうなるかわからなくて
(6)はseeはing形にならないと参考書に書いてあったのになぜing形になっているのか
(8)は近未来でam travellingではないのですか?
詳しく教えてください

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
よっしー先生
先生
先生 の回答 8か月前
(3)「時や条件」を表す接続詞(when, if, after, before, as soon asなど)の後ろでは、未来のことでもwillは使わず現在形を使います。

(6)うーん、参考書がどのように「seeは進行形を用いない」ということに関して説明してくれたのか分からないのですが、「seeは『絶対に』進行形を取らない」と思ってしまったのであればそれは全くの誤解です。
seeが進行形にならないのは何かしら「(自分の目を通して)認識している」という意味合いで使われる時です。
例えば「空に飛行機が見えているよ!」と言いたい時、それが目の前で今起きていることだとしても
× I'm seeing a plane in the sky!
とは言いません。
○ I can see a plane in the sky!
などと言います。
これは“I'm aware that there is a plan in the sky, using my eyes.”(私の目を通して空に飛行機がいることを認識しています)といった感じです。
自分の目を通して誰か(何か)がそこにいる(ある)ことが認識できている、という感じの場合は進行形になりません。

ただし例えば「会う」という意味であれば進行形を用いることもします。
I'm seeing Tom tonight.
(今夜トムに会う予定です)
もちろん他の意味でも進行形を用いることはありますよ。全部は挙げませんが。

(6)の問題ではsee the sights(観光をする)という意味で使われていて、何かを「認識する」という意味では使われていませんから進行形になることは可能です。

(8)進行形はたしかに未来のことにも言及しますが、この場合「予定」の意味しか持たず「物事が進行中である」という進行形本来の意味が無いことに注意です。

○ I'm traveling in Australia next week.
なら言えます。
これは“I have a plan to travel in Australia next week.”→私には来週オーストラリアを旅行するという予定がある、の意味です。
気を付けたいのは「旅行中である」という行為の進行を表してはいないということです。
強いて言えば「旅行の予定に向けての準備が進行中」だという感じです。

しかしabout this timeがあると“I have a plan to travel in Australia about this time next week.”→私には来週の今頃オーストラリアを旅行するという予定がある、という感じになります。
これの何がダメかと言えばabout this time next time(来週の今頃)というごく限られた期限の間だけtravel(旅行)するという不自然な意味合いになってしまうことです。
来週の○○時△△分に「旅行」という行為を完遂するという感じだとも言えます。
next weekは時間的な幅から「旅行する」時間は十分に取れると言えますがthis time next weekは「旅行する」にはあまりに短すぎます。

this time next weekというごく限られた時間に対しては「旅行中である」という進行中の意味合いを持たせる必要があります。
よって現在進行形(am traveling)ではなく未来進行形(will be traveling)を使って「未来のある時点において行為が進行中であること」を表す必要があります。

  • ここにseeはとらないと書いてあるのですが自分がとらえ違いをしていますか?

    7か月前
  • >seeが進行形にならないのは何かしら「(自分の目を通して)認識している」という意味合いで使われる時です。


    ↑私の説明部分でポイントになるとしたらここでしょうか。


    >(6)の問題ではsee the sights(観光をする)という意味で使われていて、何かを「認識する」という意味では使われていませんから進行形になることは可能です。


    ↑この「認識する」がその参考書でいう「知覚・感覚」のことであり、see the sightsはthe sights(その名所)がsee(見える)という知覚的な意味で言っているわけではなくて、「観光する」という動作的な意味になっているのでを進行形を取ることが出来ます。


    あとはジーニアスの説明のように知覚的な意味(見る、見える)で使われていても進行形をとることもあります。質問の文とは少し趣旨は違いますが。


    参考書にも「原則として」とあるように、例外的なことなどいくらでもあります。


    7か月前
  • 納得しました

    ありがとうございました

    7か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る