ログイン 新規登録

【重要】NoSchool勉強Q&Aサービス終了のお知らせ

いつもNoSchool勉強Q&Aをご利用いただきありがとうございます。2021年4月30日をもちましてサービスを終了させて頂くこととなりました。サービス終了に伴い今までの質問/回答等の全ての投稿データも運営側で非公開とし、ユーザー様のほうで閲覧/取得が出来ない状態となります。投稿データの保存をご希望の場合はサービス終了期日までに投稿データの保存等をお願いいたします。
詳細は こちら

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

速度までは2つとも求めれましたPがはね返る条件が理解できませ...

■どこまで理解しているか


速度までは2つとも求めれました

■どこが具体的にわからないか


Pがはね返る条件が理解できません。反発係数0≦e≦1なので0<e≦1で跳ね返ると思うんですが、なぜvp<0で跳ね返るのですか?またなぜvqは無条件に正なんでしょうか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
石川 正昭先生
先生
先生 の回答 11か月前
そうですね、ちょっとわかりにくいところかもしれませんね。

「衝突で速度が変化する」ことと「はねかえる」ことは別なのです。

ふつうはこう考えたくなります。
---
(衝突前)
P→ ←Q
(衝突後)
←P Q→
---


でも、衝突前の速度ベクトルが同じ方向を向いているときは要注意です。
---
(衝突前)
P→ Q→
(衝突後のパターンその1)
←P Q→
(衝突後のパターンその2)
P→ Q→
---

パターンその2がわかりますでしょうか。Pの速度は衝突前より遅くなりますが、相変わらず右向きのままということもあるのです。たとえばPが鉄の玉でQがピンポン玉である場合を想像してみてください。

そしてこの問題では「はねかえる」ということばをパターンその1の意味で使っています。なのでVp<0がはね返りの条件となるのです。
  • 追加です。vqが無条件に正なのは、衝突前のQの運動量ベクトルが正で、衝突によってQが得る力積(運動量の変化分)も右向きであることが明らかだからです。

    11か月前
  • ありがとうございます!!!

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
石川 正昭
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る