ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

In both years, the four larges...

■どこまで理解しているか


In both years, the four largest areas of government expenditure were: education, healthcare, pensions, and defence, with education taking the largest share.
二つの円グラフを比べて述べた文章です。二つの円グラフの共通点は、1番多い割合を占めるもの〜4番目に多いものが同じです。その中でも、educationが占める割合がどちらのグラフでもNo.1だと述べています。

■どこが具体的にわからないか


In both years, the four largest areas of government expenditure were: education, healthcare, pensions, and defence, with education taking the largest share.
どちらの円グラフでも一番多い割合のものが「education」なのですが、「with education」のwithはどのように使われているのか教えて頂きたいです。前置詞のwithならば「with education」の前にコンマがついているのがおかしいのではないかと考えています。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
よっしー先生
先生
先生 の回答 8か月前
>「with education」のwithはどのように使われているのか教えて頂きたいです。

うーん、そうですね。付帯状況のwithのように考えてみても良いかもしれないですね。
education takes the largest shareという状況が伴っていることを表していると言えます。

>前置詞のwithならば「with education」の前にコンマがついているのがおかしいのではないかと考えています。

カンマがないとdefence with education taking〜のようにdefenceにだけwithがかかるように誤解されかねません。
意味としては[the four largest 〜 and defence]という一つの状況に付帯して[with education taking the largest share]という状況が伴っていることを表していますからdefenceの前で一旦意味が切れることになります。
ですからカンマはむしろあった方が良いと言えます。
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは先生をしています

詳しくはこちら

同じ問題集の質問(8件)

問題集・参考書の情報

桐原書店; 第7版

他の質問・回答も見る