見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(3)10行目まで11行目はどういうことですか?

■どこまで理解しているか


(3)10行目まで

■どこが具体的にわからないか


11行目はどういうことですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
平均濃度が0.71倍になると、それに伴い平均反応速度がほぼ等しい0.73倍になるので、反応速度は濃度の1乗に比例する1次反応になると推定できて v = k[N2O5] と表されるとしています。
平均濃度、平均速度の考え方がいまいちピンとこなければ、400秒ごとの濃度の変化率が、
0~400秒:1.56/2.00 = 0.780 倍
400~800秒:1.21/1.56 = 0.776倍
800~1200秒:0.955/1.21= 0.789倍
とほぼ一定となっていることからも推定できます。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

G_Imamura
オンライン家庭教師

自己紹介

大学院修了後、化学メーカーで25年間勤務し、研究開発、環境安全、検査分析業務に従事してきました。 こ...

合格実績

小学生から社会人まで25人程の指導実績があり、坂出高校、尽誠学園高校、広島大学等への合格実績がありま...
  • わかりました!ありがとうございます!!

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(13件)

問題集・参考書の情報

実教出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

(3) 反応速度定数をん化合物 Aの平均濃度を に表せるか。 (4) 反応速度定数たに関する下の記述①~③のうち, 誤っているものを選べ。 の 一般に、kは反応物濃度の増加にともない, 大きくなる。 の 一般に、kは反応温度の上昇にともない, 大きくなる。 3一般に、kは触媒が存在すると、大きくなる。 福岡大) (10 313>反応速度と速度定数 次の文章を読み,下 の(1)~(3)に答えよ。 気体はすべて理想気体としてと り扱うものとする。 五酸化二窒素 2.00mol を1.00Lの四塩化炭素に溶 解し,一定温度で分解反応させ, 時間秒後に発生 した酸素の体積を測定した。五酸化二室素は次式の ように分解する。 時間(s) 五酸化二窒素の濃度 (mol/L) 2.00 100 1.88 一0 -0 (a) 200 400 1.56 800 1.21 1200 0.955 0000 1800 0.654 2N,Os 4NO, +O2 得られた酸素の体積から五酸化二窒素の濃度 c[mol/L]を計算したところ上表のよう になった。ただし,生成した二酸化窒素はすべて四塩化炭素に溶解している...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります