ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

国際連盟に抜けたとか加盟したとか書いてありますが、そもそも加...

国際連盟に抜けたとか加盟したとか書いてありますが、そもそも加盟する利点ってなんですか?
1か月前

回答(1件)

オンライン家庭教師
国際「連盟」に加盟する利点は、日本にとっては第一次大戦の戦勝国でしたので国際的に主導権を握れる上でメリットがらあったのでしょう。のちにそれが自国の利益に反すると判断したので脱退しましたが。
他の国にとっては集団安全保障で戦争を防げるというメリットがありました。
最終的には不完全な安全保障体制のため失敗しました。

国際関係を理解する場合、学校や会社などの人間関係に置き換えて考えるとわかりやすく、より身近になります。
学校のクラスをイメージしてください、いろんなキャラの子がいて全員が仲良しってわけじゃないです。時にはお互いの足を引っ張りあったり、いじめがあったり・・・。
しかし、学校やクラスにはルールがあり、それは皆んなが安心して生活するためのものだと思います。
ルールを破ったものはクラスから非難されたり、場合によれば先生からペナルティが課せられます。
ですから、少なくとも表面上はルールを守って生活するようになります。

国際連盟は学校でたとえると、クラスのようなものです。
第一次世界大戦前までは、争いをさけるためにはとにかくお互いが強くなって「戦争するとヤバイよ」って関係を作り出しました。これを『戦力均衡』といいます。

しかし、一旦ブチギレてしまった強い国同士を誰も止めることが出来ず、周りの国も巻き込んで大喧嘩したのが第一次世界対戦ですね。

国際連盟では、「もう戦争なんてしないし、しようとする国があったら色んな手で止めるよ」という考え方で集まったグループです。
これを『集団安全保障』といいます。

ところが、教科書にも書かれていますがこの国際連盟には当時のアメリカやソ連といった強国が参加していませんし、もし他国をいじめる国があっても中途半端な経済制裁しか手段がありませんでした。

つまり戦争を回避するほど力がなかったのです。
担任の先生が優しすぎて、やんちゃな生徒を抑えることができない状態ですかね。

そこの失敗から学び、作られたのがいまの国際連合ですが、この国連も第二次大戦の戦勝国が中心の仕組みになっているという課題があります。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

ゆじもん
オンライン家庭教師

自己紹介

小・中・高の教員免許取得し、小学校・高等学校での勤務経験があります。 生徒の学力や特性に応じた指導や...

合格実績

2018年度生徒 【公立】 古城池高校 1名 倉敷商業 2名 総社高校 1名 総社南...
  • なぜ、国際連名に入ると主導権が握れますか?

    1か月前
  • 説明不足でしたが、「国際連盟の常任理事国」に入ると国際社会により影響力を及ぼすことができると考えられていました。

    現在の国際連合の常任理事国ほど強力な権限ではありませんが、政治・経済面でのリーダーシップが取れたのでしょう。


    1か月前

    ゆじもん

    オンライン家庭教師
  • 丁寧な説明ありがとうございました😊

    1か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
ゆじもん
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る