ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(2)と(3)分かる方居ましたら解説お願いします(>_<)

(2)と(3)分かる方居ましたら解説お願いします(>_<)

回答(1件)

オンライン家庭教師
起こる反応は CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + CO2 + H2O です。
(1)加えた炭酸カルシウムがすべて反応し、標準状態で4.48Lの二酸化炭素が発生したので、二酸化炭素の物質量4.48/22.4=0.200molおよび反応式より、加えた炭酸カルシウムの物質量も0.200molとなります。
(2)反応式より反応で消費された塩化水素の物質量は0.400molなので、その質量はモル質量を掛けて14.6gとなります。
(3)反応によって塩化水素が14.6g消費されて水が0.200×18=3.6g生じるので、水溶液の量は11g減って500gに、塩化水素の量は51.1-14.6=36.5gになるので、反応後の質量%濃度は 36.5/500×100=7.30%となります。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

G_Imamura
オンライン家庭教師

自己紹介

大学院修了後、化学メーカーで25年間勤務し、研究開発、環境安全、検査分析業務に従事してきました。 こ...

合格実績

小学生から社会人まで25人程の指導実績があり、坂出高校、尽誠学園高校、広島大学等への合格実績がありま...
  • ご解説ありがとうございます( ; ; )
    とてもわかりやすかったです!

    特に(3)の問題、私は、
    水が生成されてたのをすっかり忘れて単純に元の511g-消費されたHCl14.6で計算してしまい、
    36.5/(511-14.6) x 100で計算していました。確かに"反応後"の溶液なので水を足さないとでしたm(__)m

    1か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

|12| 質量パーセント濃度10.0% の塩酸511g中に炭酸カルシウムを加えたところ, 炭酸カルシウ ムはすべて反応し、標準状態で4.48Lの二酸化炭素が発生した。その後,反応により生じた塩 化カルシウムを無水物として取り除き, 反応後の塩酸を回収した。以下の(1)~(3に有効数字3桁 で答えよ。 (1) 加えた炭酸カルシウムの物質量は何 mol か。 (2) この反応で消費された塩酸中の塩化水素の質量は何gか。 (3) 反応後の塩酸の質量パーセント濃度は何%か。

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります