ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

本文の日本語に訳すということに問題はないが、日本語訳を見て話...

■どこまで理解しているか


本文の日本語に訳すということに問題はないが、日本語訳を見て話の意味がわからない

■どこが具体的にわからないか


ちごを捨てたあとのいきなり出てきた笛の関係性

回答(1件)

オンライン家庭教師
本文3行目に「見し心地しはべる」と中将が言ったことから、中将が見覚えのある笛だということがわかります。

また、本文最後から7行目に「夜を隔てん〜わが形見に見るべかりける」とあります。
この笛は、中納言自身が「別れ形見」として誰かに渡したものだった。それをかわいい子供が「母の形見(2行目)」として持っていた。
ということは、この子供は自分の子供だろう、と知るわけです。

このことから、中納言は「別れ形見」として契りを交わした女性に渡したということが推測されます。
思わぬことで自分の子供の存在を知ることになり、驚いた、という場面だったんですね。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

kuro
オンライン家庭教師

自己紹介

個別質問は時々見ていないことがあります。すいません。 家庭教師歴5年 個別指導プロ講師歴11年 教...

合格実績

■大学 東京大学、岩手医科大学、一橋大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学、青山学院大学、明治大...
  • なるほど。
    あとこの本文に出てくる和歌はすべて中納言とかつて契りを交わしていた女が読んだものと認識して大丈夫ですか??

    2か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
kuro
さんはオンライン家庭教師をしています

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

社大神画心種グローバル地域文作 5年 グローバル地域文化 に、やがて奉り始へり、見給へば、 まがふべくもなきそれなり。 まぎらはしたる色紙の手習ひ、終なんど きまで、なべてにはありがたきさまなり。あやしき家の軒端に荻あり、夕月夜の空をながむる女房描きたる に や地くな く ぼの上風ぞことしもあれ の白露にだれとぞしとまつや響v またましげにてふしたるところに、前を手まさぐりにてふしつつ、涙を払ひたるところに、 にS寧る しを形見にてこのよはながくねぞ絶えになる に間る 古きも かやうなる格のみ、書き消ち書き消ちせられたり。つくづくと見るに、涙は滝の音のやうにこぼれ給ひけり。見はじめ たりしに、夜を隔てんも苦しくおぼえしほどの形見にとどめし前を、今日わが形見に見るべかりける。世にはあるかなきかをた づぬべきたよりもなし。児の生まれける月日も書きつけたり。十月十日とぞある。ありし方違へのころより、まがふべくもなし 出行のひとよの節をとどめずはわがこのねともいかで知らまし 4にく れぬれば、やがて中将のもとにおはして、対面し給ひて、「まがふべくも侍らず。うちつけなる心地に、ゆかしくてなん 今...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります