ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

2017 T 25 日本史

【質問の答えについて】

この質問の答えはアップロードされた画像に掲載されています。

問11の質問ですが、田堵は受領に官物と臨時雑役を課されてませんでしたっけ?

それは年貢とは別のものだから不適切ということですか?

回答よろしくお願いします🙇‍♀️🙇‍♀️💦💦



あああ さんの質問 勉強レベル9
4か月前

回答1件

簡単に言うと田堵と本百姓はどちらも税を納める農民を指しますが、時代が違います。

そうですね、受領は田堵に官物と臨時雑役を課しますが、それは10世紀頃の話なので答えとしては違います。

本百姓とは江戸時代において年貢を納める農民の事であり、これが本問の答えになります。



ちなみに、年貢という言葉は11〜12世紀から使われ始めたので官物・臨時雑役とはこれまた時代が若干異なります。

律令制における各税が9、10世紀に官物・臨時雑役と呼ばれ、その中で官物が11、12世紀(平安末期)から江戸の終わりまで年貢と呼ばれ始め、明治時代の地租改正で年貢が廃止されてからは小作料と呼ばれるようになりました。(ちなみに明治の人々も非公式ですが年貢という言葉を昔からの風習として使い続けたみたいです。)



時代をまとめると、、、

官物・臨時雑役 ー 9、10世紀頃

本百姓 ー 江戸時代

年貢 ー 11、12世紀から江戸終わりまで



呼称の変遷

租 → 官物 → 年貢 → 小作料
Ri 4か月前
ベストアンサー
  • 回答ありがとうございます😊

    おかげで解決しました✨✨
    4か月前

    Internet Explorerでは質問、回答、コメントの入力に不具合が発生する可能性がございます。
    もし入力に不具合がございましたら、申し訳ありませんが、別のブラウザをご利用くださいませ。

    推奨ブラウザ:Google Chrome

コメントを入力

質問する

回答する場合は ログイン が必要です。
  • この回答を見た人は以下の回答も見ています