ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)から(4)まで 大変恐れ入りますが詳細な解説をお願い申...

(1)から(4)まで
大変恐れ入りますが詳細な解説をお願い申し上げます

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 8か月前
炭酸水素ナトリウムを熱分解すると、炭酸ナトリウム(固体)と水(液体)と二酸化炭素(気体)に分解されること、炭酸アンモニウムを熱分解するとアンモニア(気体)と水(液体)と二酸化炭素(気体)に熱分解されることは知っておく必要があり、(1)(2)の反応式は書けるようにしておく必要があります。
(3) (1)(2)の反応式から生成物の個体は炭酸ナトリウムだけで、その質量比は元の炭酸水素ナトリウム84に対して、84-9-22=53となるから、炭酸水素ナトリウムの質量がx gであったとすると、x ×53/84 = 1.06より、x = 1.68 g と得られます。
従って炭酸アンモニウムの質量は 2.64-1.68=0.96g となります。
(4) 60℃の飽和溶液には水100g に対して炭酸水素ナトリウム16.4g の割合で溶けているので、質量%濃度で表すと
16.4/116.4 ×100=14.1%となります。従って60℃の飽和水溶液200gに溶けている炭酸水素ナトリウムの質量は28.2gとなり、これを20℃に冷却した時に溶けていられる量は28.2×9.6/16.4=16.5g となり、析出する量は28.2-16.5=11.7g となります。
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る