2番のなぜABのところが解の公式のルートのなかになるのかと3番がわからないです。

回答

2番のなぜABのところが解の公式のルートのなかになるのかと3番がわからないです。

2番のなぜABのところが解の公式のルートのなかになるのかと3番がわからないです。

 

勉強レベル4 on 2018年4月8日 の質問 数学(高校)に関する質問.
コメントする
    ベストアンサー

    2番は判別式です

    勉強レベル8 on 2018年4月8日 の回答

    判別式使うことでなにがわかるんですか?

    on 2018年4月8日.

    グラフとx軸の共有点の個数がわかります
    D>0のとき 2個 (異なる2つの実数解を持つ)
    D=0のとき 1個 (1つの実数解を持つ)
    D0となります。
    ちなみに判別式は D=b^2−4ac です

    on 2018年4月8日.

    なんか文が消えたんで補足

    D0となります。というのは無視してください

    D0 です

    on 2018年4月8日.
    コメントする

    なんか反映されない笑
    D

    勉強レベル8 on 2018年4月8日 の回答
    コメントする

    Dく0のとき、実数解を持たない

    く ←これのちゃんとした記号使うと文が消えるそうです
    なんどもすみません

    勉強レベル8 on 2018年4月8日 の回答

    わざわざありがとうございます。
    理解できました。助かりました🙏

    on 2018年4月8日.
    コメントする

    この質問は解決済みです