見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

⬛︎現在の高校の範囲を超えた解法はOKなのか? 大学受験にお...

■考えている内容や答え


⬛︎現在の高校の範囲を超えた解法はOKなのか?
大学受験において、大学で習うことを使った解法は正解になるのでしょうか?
ex)3変数の連立1次方程式の解を求める場合、通常、連立方程式を解かなければなりませんが、
実際、行列の拡大係数行列を用いて解くことも可能ですよね?これは、解法として認められるのかどうか、気になっております。

■特に不安な点や、確認したいこと


大学受験において、大学で習う知識を使って解いてよいのか

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
あくまでも私個人の経験(入試本試験の記述...
あくまでも私個人の経験(入試本試験の記述式答案の採点経験)からです。

入試問題を作るときは最新の教科書数社分を良く調べて、高校の学習の範囲を超えないようにかなり細かい検討をします。複数の担当者間でクロスチェックもします。なので原則としてどの問題も高校の範囲内で解けるはずです。

採点に際しては模範解答も数パターン用意し、採点基準もいろいろなことを想定して決めています。それは高校の範囲を逸脱することはほとんどありませんでした。

しかし実際に採点を始めると本当にいろいろな解法が出てきます。そしてそういう答案に出くわしたときは、それが論理的に正しければ正解にしていました。このとき、それが高校の範囲かどうかは特に議論していなかったように記憶しています。

ただ、高校の範囲を超えた理論は安易に使うと「それはこの問題の条件では適用できないはず」のような落とし穴もあるかもしれません。事前に十分に調べてあって自信がある場合のみ使ってもよいだろう、中途半端な知識なら使うな、というのが私の意見です。

こういうケースはおそらく旧帝など難関校の記述式だと多いんでしょうね。

回答した先生の詳細情報

石川 正昭
オンライン家庭教師
大学入試を知る国立大学工学部の教員、技術コンサルタントが、一つ上からの目線で数学・物理を教えます。...
  • 高校生

もっと深く理解したいときはオンライン個別指導を依頼しよう!

この先生にチャットする
あなたがベストアンサーに選んだ
石川 正昭
さんはオンライン家庭教師をしています

学生
この質問に対する回答は常にどこかで議論され続けていて、答えが出ないまま終わると思います。
受験の専門家でさえも実際の採点現場は知らない方が普通なので、とりあえず安牌な案として大学以上の知識は使うなと言う人も多いと思います。

ある解法を認める認めないを決めるのは、結局はその年の採点を任された大学の先生複数人の合意です。
わからないとしか言いようがありません。

しかし、大学の先生は数年ごとに変わり続けている受験制度に関しては基本的に全くの素人なので、何が高校範囲で何が大学範囲なのかという区分け厳密に知りません。彼らは解法の論理が正しく必要十分かという部分に注目するしかないです。

なので私個人の意見としては、そもそも正しい論理で書かれているものを研究者が間違いにするはずがないし、仮に範囲から逸脱しているために間違いにしようと思っても、研究者は高校範囲を厳密に知っているわけではないので間違いにできないだろうということです。

参考になれば幸いです。

この質問に関連した回答一覧