見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)までは理解できました解説に「S_(6n)〜S_(6n-...

■どこまで理解しているか


(1)までは理解できました

■どこが具体的にわからないか


解説に「S_(6n)〜S_(6n-5)を求め、n→∞ のときこれらがすべて1/14に収束することを導く。」
とありますが 赤線部の極限は0なのに1/14になぜなるのですか?
また、緑線部にすべて1/14に収束する
とありますが、今回求めているx_nの無限級数にはa_nのような数列が無限に存在するので(1/14)×∞=∞となってしまわないのでしょうか?
(今回解説の「検討」に書いてある解き方で教えてください。)

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師
こんばんは! >解説に「S_(6n...

こんばんは!


>解説に「S_(6n)〜S_(6n-5)を求め、n→∞ のときこれらがすべて1/14に収束することを導く。」

とありますが 赤線部の極限は0なのに1/14になぜなるのですか?

とのことですが、むしろ数列 {x_n} の各項は 0 に収束しないと、そこから構成される和も収束しません。

数列の各項の収束と和の収束を混同していませんか?


また、

>緑線部にすべて1/14に収束する

とありますが、今回求めているx_nの無限級数にはa_nのような数列が無限に存在するので(1/14)×∞=∞となってしまわないのでしょうか?

とのことですが、こちらも混乱があるようです。

「{a_n} のような数列が無限に存在する」の意味が不明瞭なのもそうですが、1/14 というのはあくまで和 S_n 等についての話であり、数列の各項のことではありません。


数列の各項とそれらの和。これら二つは別のものであると心得、解説を読み直してみましょう。

回答した先生の詳細情報

林 俊介
オンライン家庭教師
みなさん、こんにちは! 林 俊介 (はやし しゅんすけ)と申します。 ---------- 私の塾...
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生

もっと深く理解したいときはオンライン個別指導を依頼しよう!

この先生にチャットする
  • 「むしろ数列 {x_n} の各項は 0 に収束しないと、そこから構成される和も収束しません。」

    とありますが、{x_n}の各項が 0 に収束しているのに{x_n}は1/14に収束するのですか?

    1/14 というのはあくまで和 S_n 等についての話であり、数列の各項のことではありません。

    とありますが今回の「検討」では S_n の計算が省かれていて、 a_n の値しか書かれていないと思います。

    どのような計算をすると 1/14 になるのでしょうか?

    2か月前
  • 林 俊介

    オンライン家庭教師
  • その点については理解しています。

    S_nは6つの項で周期的に項の値が変わると思います。

    S_nを構成する一周期(x_(6n‐5)...x_(6n))の和にlim (n→∞)を付けてあげると一周期は0に収束します。

    そのような周期を持つ無限級数S_nがなぜ1/14に収束するのか分からないです。

    2か月前
  • 林 俊介

    オンライン家庭教師
  • >>「一周期」の和が 0 に収束することと、 S_n が 1/14 に収束することは矛盾しませんし、一見矛盾するものでもありません。

    ということはS_nの「一周期」は限りなく0に近づきますが、それらを∞個足し合わせたら1/14に収束するということですか?

    2か月前
  • 林 俊介

    オンライン家庭教師
  • なるほど その考え方で合っているのですね

    ありがとうございました!

    2か月前
  • なるほど その考え方で合っているのですね
    ありがとうございました!

    2か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(33件)

問題集・参考書の情報

数研出版

この質問に関連した回答一覧

この質問に関連する文章

14 15 5 11 12 13 8 10 6 7 4 0 3 5 2 1 10 KUTSUWA 重要 例題128 複素数の累乗に関する無限級数 レ2を複素数とする。自然数nに対し, z"の実部と虚部をそれぞれxnとJaとして、 2つの数列(x), {ya)を考える。つまり、 2"=xn+iya (iは虚数単位)を満たして いる。 (1) 複素数zが,正の実数rと実数θを用いて z=r(cos 0+isin0)の形で与え られたとき,数列(xm), {yn}がともに0に収束するための必要十分条件を求め [類慶応大」 土 よ。 1+ 3i (2) z= のとき,無限級数 Σx。とΣはともに収束し, それぞれの和 10 -1 はΣx。=コ、 ーコである。 カ=1 n-1 基本118.119 指針>(1) まず, z=r(cos0+isine)の両辺をn乗した式に注目して, xn, Vをそれぞれn.r. 9で表す。そして, x.+yを計算するとの形になるから,数列 (x). が) 0に収束するとき,数列(x+y)が0に収束するための条件を求める。 の無限級数 部分和の収東·発散を調べる (2...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります