ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

三角形の面積 空間ベクトルから画像の公式なのですが、わ...

■どこまで理解しているか


三角形の面積 空間ベクトルから

■どこが具体的にわからないか


画像の公式なのですが、わけがわからないです。
教科書に載っているものでしたら、
数学○の○○という単元
というように教えていただきたいです。
載っていないようであれば、説明をお願いしたいです。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
林 俊介
生徒
さん の回答 10か月前

こんばんは!


その式は、三角形の面積の公式をベクトルの言葉で記述したものです。

その形式自体は数学 B のベクトルの分野で登場しますが、同じ意味の式は数学 I (図形と計量)にも中学の数学にも小学校の算数にも登場しますね。


式の説明(証明)を見ると理解しやすいと思います:



三角形の面積の公式には

・底辺 x 高さ ÷ 2

・absinθ/2

など複数の書き方がありますので、それらとの対比に注目します。


ベクトル記法の場合見た目がゴツくなりますが、要は

1 - cos^{2}θ = sin^{2}θ

の公式を用いて sinθ を計算し、S = absinθ/2 の式を使っているだけなんです。

  • ありがとうございますm(_ _)m

    10か月前
  • ありがとうございますm(_ _)m

    10か月前
回答へコメントする

他の質問・回答も見る