ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

文構造について教えて頂くことはできます? 形式主語構文のth...

■どこまで理解しているか


文構造について教えて頂くことはできます?
形式主語構文のthat節以下の文構造がよく分かりません。

■どこが具体的にわからないか


なぜthe materialsの述語がareではなくbe動詞が来るのでしょうか?
「物に使用される材料は」となるので
usedは the materials を修飾する過去分詞と言う考え方で合っていますか?

よろしくお願いします。

5日前

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました
個人家庭教師

なぜthe materialsの述語がareではなくbe動詞が来るのでしょうか?


ポイントはimportantです。

important, necessary, desirable, fair,

などの「必要、重要、妥当」を意味する形容詞に続くthat節の中では仮定法現在が使われることがあります。

形としては

it isimportant that〜

it is necessary that〜

のthat節の中のことです。

仮定法現在は簡単に言うと「主語がなんであれ動詞の原形を用いる」用法です。

なのでareではなく、原形であるbeを用いています。

他にも一つ例を挙げておくと

It is necessary that we be prepared for the worst.

(最悪の場合に対して心構えをしておくことは必要なことだ)

→we areではなくwe beになっています。


ここからは余談になってしまうのですが、上のような形容詞に続くthat節の中の動詞の形は大きく分けて3パターンあります。

①仮定法現在

It is necessary that we be prepared for the worst.

②直説法(※普段通りの言い方だと簡単に考えておいて良いです)

It is necessary that we are prepared for the worst.

③should be

It is necessary that we should be prepared for the worst.

意味はどれもほぼ変わりません。

アメリカ英語では①のパターンが多いです。

イギリス英語では②や③のパターンが多いです。

質問の中の問題は①のパターンだということですね。

日本の試験では①が良く問われ、時折③も問われますが、②は何故か言及されない印象を受けます。間違いでもなんでもないのですけどね。

少し複雑かもしれないのですが頭の片隅に置いておいてもらえると良いなと思います。


usedは the materials を修飾する過去分詞と言う考え方で合っていますか?

こちらはその考え方で良いと思いますよ。


  • ヨッシーさん

    長文で細かなアドバイスありがとうございます。
    理解する事が出来ました。

    仮定法現在はthat節内にshouldが省略されていると考えると覚え易いですね☺️
    他に3パターン把握出来たので、読解の際に役立てる事ができ来ます。

    感謝します🙇‍♂️

    4日前
  • 一応補足しておくと、元々は仮定法現在が一番古くからある言い方なので、shouldはあくまで後から出てきた言い方です。

    なので「shouldが省略された」だとあたかもshouldの方が先にあった用法で、そこからshouldが抜け落ちたような印象を与えてしまうので他人に説明するときはちょっとだけ気をつけた方が良いかなとは思います。

    とはいえ、自分で覚えておく分には「shouldが省略された」としておいても良いのかなとは思います。

    4日前

    よっしー

    個人家庭教師
  • 大変参考になりました。

    もちろん、とても大切なことですが、マニアックな内容でとても面白かったです!


    ありがとうございました🙇‍♂️

    4日前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
よっしー
さんは個人家庭教師をしています

お答えします。

It is important that S 仮定法現在....という文法の問題です。

つまり、It is <判断を表す形容詞> that...では、that以下では動詞が原形になります。それを「仮定法現在」と呼びます。覚えておきましょう。

もう一つの考え方があります。

It is <判断を表す形容詞>> that S should...という助動詞shouldの特別用法です。そのshouldは「〜するのは」という意味です。その時、shouldを省略することが可能です。省略されると、その直後の動詞は原形のままで残りますね。


usedはthe materialsを修飾します。その通りです。

  • 北摂さん


    ご回答ありがとうございます。理解することができました。

    用法の名前を教えて役立てる事が出来そうです。

    とても貴重なアドバイスをしていただき感謝いたします。


    4日前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
北摂英語110番。
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

この質問に関連した回答一覧

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する