ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

準動詞の基本知識は理解していますが以下の文構造が理解できませ...

■どこまで理解しているか


準動詞の基本知識は理解していますが以下の文構造が理解できません。

■どこが具体的にわからないか


help以下の文構造が理解できません。helpにはどのような用法が使われており、どのように訳せばよいのでしょうか?

分詞構文でしょうか?元の文に復元して頂く事はできますでしょうか?

解説には
空所前の動詞helpは、help回(加)do (Oが∼するのに役立つ)の形を取るので、原形不 定詞の(A) proliferate (急速に広がる)が正解。
と書いてあるのですが、この helping がどのような役割をしているかがわかりません。
直前にカンマがあるので、分詞構文なのかと思ったのですが、
「業界の専門家によれば、中小企業は、インターネットを通じた低コストの広報宣伝から恩恵を受け、 めまぐるしく変化する市場での急拡大に役立て」
この和訳の何処に分詞構文が含まれているのかが分かりませんので質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
山崎 陽子先生
先生
先生 の回答 11か月前

分詞構文でしょうか?元の文に復元して頂く事はできますでしょうか?


こんばんは。分詞構文でいいと思います。


分詞構文がやっかいなのは、正直なところ訳すときにどの意味になるのか

はっきりわからないことがかなり多い、という点にあります。


これはあくまでも私の場合ですが、

分詞構文の文章をいちいち正確に汲み取ろうとするとしばしば埒が明かなくなるので、

とりあえず「~して」とか「そして」と訳してしまうことが多いです。

つまり、一旦はandの意味で取ってしまいます。



今回はおそらく「結果」もしくは「付帯状況(ロイヤル英文法p523)」

の意味でとれば十分かなと思いますので

接続詞はandを入れればいいのではないでしょうか。


small companies benefit from the low-cost promotions through the Internet,

中小企業はインターネットを通した低コスト宣伝から恩恵を受ける。


(and small companies) help them(=low-cost promotions) proliferate in a rapidly changing market.

(そして中小企業は)それら(低コスト宣伝)がめまぐるしく変化する市場で急速に拡大するのに役立っている。


これだけ意味が取れれば十分ではないでしょうか。



分詞構文で省略された接続詞を答えよ、なんて問題は普通はありませんし

(ましてやTOEICであれば)

分詞構文はわりとふわっとした、曖昧な感じで訳してしまっても

あまり大きな問題はありません。


ただhelpの意味上の主語(今回は省略されているので)がsmall companiesだという点だけ

押さえておくといいと思います。


---------------


>help以下の文構造が理解できません。helpにはどのような用法が使われており、どのように訳せばよいのでしょうか?


and small companies(S) help(V) them(=low-cost promotions :O) proliferate in a rapidly changing market.


となっていますが、解説の通り「help O V原形」でOがVするのに役立つ、という形になります。

※help=役立つ


「業界の専門家によれば、中小企業は、インターネットを通じた低コストの広報宣伝から恩恵を受け、(そして中小企業は低コスト宣伝が)めまぐるしく変化する市場で急拡大するのに役立っている


この赤文字部分が分詞構文の訳です。


  • 理解出来ました。
    その通りですね、無難に繋げる事の出来る文章を探して行きたいと思います。仰る通りTOEICなので、あまり深追いするのも良くないですね。
    とても分かりやすい解説ありがとうございました🙇‍♂️

    11か月前
  • 筆者が「ふわっとした感じで捉えてほしくない」と考えたときは、分詞構文の現在分詞もしくは過去分詞の直前に接続詞を残すこともあります。


    例えばこのような感じです。


    元の文:When I lived in London, I came to know her.

    一般的な分詞構文:Living in London, I came to know her.

    接続詞を残した分詞構文:When living in London, I came to know her.


    この場合は、読者が勝手に解釈すると困るので、わざわざ接続詞を残した形にしています。だから、できるだけ正確に接続詞を捉えてあげてください。


    こういう場合以外は、とりあえず「~して」「そして」みたいな感じで捉えてしまって差し支えありません。

    11か月前
  • 追加情報ありがとうございます。

    英文にも色々な意図があり面白いですね☺️

    それを理解すると面白いですね。


    僕も意図のある行動の出来る男になりたいです!(笑

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
山崎 陽子
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る