ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

それ以外この章では強調構文についてなのですが、It is〜t...

■どこまで理解しているか


それ以外

■どこが具体的にわからないか


この章では強調構文についてなのですが、It is〜that...の〜部分が副詞になったときの解説がしてあります。最後の演習50を見ていただきたいのですが、この問題は類題として強調部分を副詞で表している文章だと思ったのですが、どうも名詞みたいです。この場合の強調部分は名詞で合っていますでしょうか?

あともう一つあります。演習50の解答を見ていただきたいのですが、日本語の意味が分かりません。幻滅と失望の期間、とはどういうこのでしょうか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
Hara先生
先生
先生 の回答 1年前

文解釈は合っています。強調構文は副詞もしくは名詞を強調することができますからね。

日本語の意味がわからないとのことですが、幻滅と失望の期間というのは「せっかく買った新しいものが古くなったり壊れてしまって、最初と同じような完全な状態ではなくなってしまう期間」のことではないでしょうか。

あなたがベストアンサーに選んだ
Hara
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る