ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

この問題の解き方は分かります。145です。今回の点Pは平面z...

■どこまで理解しているか


この問題の解き方は分かります。

■どこが具体的にわからないか


145です。今回の点Pは平面z=0に含まれる円x^2+y^2=1上にありますが、平面x=0に含まれる円y^2+z^2=0上や、平面y=0に含まれる円z^2+x^2=0上にあったら三角比で表すことはできるのですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
あらい先生
先生
先生 の回答 11か月前

x^2+y^2=1の上の点Pの座標は(cosθ,sinθ,0)(0≦θ≦2π)と置けます.

同様に,円y^2+z^2=0上の点の座標は(0,cosθ,sinθ)と置け,

円z^2+x^2=0上の点の座標は(cosθ,0,sinθ)と置けます.


xをcosθ,yをsinθとすることが多いですが,cosθとsinθは逆でも問題ありません.(実際に図に書いてみると理解が深まると思います.)

つまり,x,y,zという文字の種類は関係なく,円であるということが重要です

  • なるほど 円があることが重要なのですね sinとcosを入れ替えても大丈夫なのですか ありがとうございました!

    11か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
あらい
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る