ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)についてです。2^5!に含まれる素因数2の個数を求めた...

■どこまで理解しているか


(1)についてです。2^5!に含まれる素因数2の個数を求めたいことまではわかりました。それで、32までの2の倍数に含まれる2の数をそれぞれ求めて、それを足したら答えが出るということもわかります。

■どこが具体的にわからないか


2の倍数は、2^5÷2=2^4個、2^2の倍数は...となっていくところがわからないです。
÷2や÷2^2などはどこからきたのでしょうか?
法則を見つけるためですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
G_Imamura先生
先生
先生 の回答 1年前

32以下の自然数のうち、2の倍数は32÷2=16個、4の倍数は32÷4=8個、8の倍数は32÷8=4個・・・というのを2の累乗で表しているということです。

  • その÷2や、÷4というのは、表を見て気づいたことを式にしているのですか?

    1年前
  • 2の倍数の個数は÷2で、4の倍数の個数は÷4で求めますよね。

    1年前
  • そうですね...!!!ありがとうございます。

    そうすると、この表をかいたことにはなにか意味があったのでしょうか?

    1年前
  • 導いた計算式に自信があれば別に無くてもいいですが、求める値が、もれ重複なく正しく求められていることを視覚的に確認するためにはこのような表があったほうがいいということでしょうか。

    1年前
  • そういうことなんですね!

    いろいろ質問してしまってすみません。

    ありがとうございました!!

    1年前
  • よくわかりました!
    ありがとうございました。

    1年前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
G_Imamura
さんは先生をしています

詳しくはこちら

他の質問・回答も見る