見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(ケ)で力のつりあいを使ってとくとき、浮力...

■どこまで理解しているか


力のつりあいを使ってとくのは分かります。

■どこが具体的にわからないか


(ケ)で、力のつりあいを考えるときに、浮力を考えていませんが、上面の水圧と下面の水圧を考えたからρVgで表される浮力を考えない という考え方でokですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
オンライン家庭教師

その考え方でokです。


浮力の正体は上面と下面の水圧の差なので、上面と下面の水圧を考えている時は浮力は考えなくて良いです。

この回答をした先生に
オンラインでの個別指導を依頼できます

tamu
オンライン家庭教師

自己紹介

どんな些細な質問にも丁寧に答えます。

合格実績

塾講師、家庭教師として7年目
  • もやもやしていたことが解決できて良かったです。ありがとうございました!

    5か月前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
tamu
さんはオンライン家庭教師をしています

同じ問題集の質問(88件)

問題集・参考書の情報

数研出版

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

たちく 2力とつりあい 13 Bに、一様な密度の物質でできた,一様な太さの棒状のおもりRを軽い糸でつり下げたとこ ろ、ABは水平となって静止した。このときのPをつり下げる糸の張力の大きさをTとする と、Pの質量は口アコで,ばねの伸びは[イ]であり, Rの質量は口ウ」である。 次に、図2のように, 容器に入った密度pの液体体中に,おもりQの 全体とおもりRの一部を沈めた。おもりPとQとの間に液面があり。 P が液体中に入った所で棒 ABは水平となって静止した。 Rの体積の 糸やばねの体積は無視できるとん,Qにはたらく浮力の大きさをF とすると、りQの体積は[コであり,ばねの伸びは液中に沈め る前より だけ小さくなる。また, Rをつり下げる糸の張力の大きさは[ カ]であり。 Rの密度は である。 図2の装置係体を,大きさaの一定の加連度で鉛直に上昇するエレベーターの中に入れる。 このときの各部にはたらく力をエレベーター内の観測者から見てみよう。 図2の液体中の点 線で囲まれた部分Dは,底面積 S,高さんの柱状の領域である。観測者にとっては,液体は 静止していて、 D内の液体にはたらく大気圧...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります