見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

(1)についてです。クーロンの法則の法則に...

■どこまで理解しているか


(1)についてです。クーロンの法則の法則により...のところまではわかりました。

■どこが具体的にわからないか


F=√3×Faとなるのはなぜですか。

回答(2件)

ベストアンサーに選ばれました

図より、

F=FAcos30+FBcos30|\overrightarrow{F}| = | \overrightarrow{F_A} | \cos 30^{\circ} + | \overrightarrow{F_B} | \cos 30^{\circ}

となるためです。

  • |F|=|Fa|+|Fb|にはなぜならないのでしょうか。ベクトルを分解してcosを使うあたりがわからないです。

    5か月前
  • 一般に、力は向きを持つからです。受けるクーロン力をそれぞれ上下方向と左右方向に分解してみると、左右には符号が逆向きで相殺されてゼロとなり、上下方向の成分が重ね合わされていることに気付きます。力の重ね合わせはベクトルとして計算してください。

    5か月前
  • 細かいところまでありがとうございます!

    5か月前
  • ありがとうございました!

    5か月前
回答へコメントする

一般に、力は向きを持つからです。受けるクーロン力をそれぞれ上下方向と左右方向に分解してみると、左右には符号が逆向きで相殺されてゼロとなり、上下方向の成分が重ね合わされていることに気付きます。力の重ね合わせはベクトルとして計算してください。

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

p23 1 1辺の長さが』の正三角形ABC の頂点Cに、電気量+aの点電荷 を置く。クーロンの法則の比例定数をとする。 (1) 点A. Bに、 ともに電気量 +Qの点電荷が置かれているとき。 頂点Cに置いた点電荷が受ける力の向きと大きさを求めよ。 (2) 頂点Aには電気量+Q.頂点Bには電気量-Qの点電荷が置かれているとき,頂点Cに置い た点電荷が受けるカの向きと大きさを求めよ。 mO p45 よって、Q 2 と見なせる。 よって、2C 3 (1)電気力線の 1.4× 10"本/m?で 4x3,14 x(6.4 気力線の本数を :全属球の一 問題に慣れよう! (1) 頂点Cの点 電荷は、頂点A. B の点電荷からともに p.18 21 N E= S N = ES 斥力を受ける。 それ = 1.4 x 10: +q ぞれの力を. Fとすると,クー 7.2 x 10 (2)電気力線は ロンの法則より。 地球は負に帯 とすると N= F=F=eQ N 1Q=Atk で その合力を A あり, 6 CO 3 R ) p.6 下とすると、その大きさは, 1FI-XF 3 kQq また。その向きは...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります