ログイン

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

ミリカンの油滴実験について 実験の内容は...

■どこまで理解しているか


ミリカンの油滴実験について
実験の内容はだいたい理解しています

■どこが具体的にわからないか


添付写真の421番について、どうして電気量の大きさがだんだん大きく変化していくのかがわかりません。

rinko さんの質問 勉強レベル3
1週間前

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました
個別指導塾講師

こんばんは!


問題文にあるデータは、ある1個の油滴について電荷の量が変化しているというものではなく、5個の異なる油滴について帯電量を求めています。


解説にもある通り、油滴はいくつかの電子をもらうことで帯電しています。

油滴が帯びる電荷は、電子の電気量(素電荷)を単位とした飛び飛びの量です。

油滴の電気量データを元に、その最小単位を求めようというのがこの問題の目的です!

  • やっと実験の本質的なところが理解出来た気がします。ありがとうございました!

    1週間前
回答へコメントする
あなたがベストアンサーに選んだ
林 俊介
さんは個別指導塾講師をしています

累計17,000問以上の質問から、あなたがわからない問題・回答を写真で検索しよう!

あなたと同じ問題を探そう
写真で検索する

同じ問題集の質問(30件)

三訂版 リードα 物理基礎・物理

三訂版 リードα 物理基礎・物理

問題集・参考書の情報

数研出版
  • この質問を見た人は以下の質問も見ています

  • あなたと同じ問題を探そう
    写真で検索する