見た質問
ログイン 新規登録

お使いのブラウザ(Internet Explorer)では閲覧、ログイン、質問の作成や回答などに不具合が生じることがございます。
誠に恐れ入りますが、下記の推奨ブラウザをご利用くださいませ。

推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)

何故対物レンズでなく接眼レンズだと分かるのですか?

■どこが具体的にわからないか


(2)何故対物レンズでなく接眼レンズだと分かるのですか?

回答(1件)

ベストアンサーに選ばれました

基本事項 ① まず、接眼ミクロメーターを接眼レンズにセットし、ステージ上に対物ミクロメーター『だけ』をセットして観察。こうして接眼ミクロメーターの1目盛りを測定する


②次に、ステージ上の『対物ミクロメーター』をはずして、ステージ上に『細胞をのせたガラス(プレパラート)』を乗せて観察。対物ミクロメーターと、細胞をのせたガラスを一緒にステージ上にはのせない。


ゆえに 細胞を観察するときは接眼ミクロメーターしか使いませんので、図2は対物ミクロメーターの目盛りではありません。

他の質問・回答も見る

この質問に関連する文章

(7)同じ倍率でゾウリムシを測定したところ,その大きさ(長径)は接眼ミクロメーターの40目盛 り分であった。このゾウリムシの大きさは何μm 。 めよ。 (6)(4)と(5)から, この倍率での接眼ミクロメーターの1日盛りの長さを p5題1 6. ミクロメーターによる測定 次の文章を読み,以下の問いに答えよ。 顕微鏡の接眼レンズ内に接眼ミクロメーターを入れ、 ステージに対物ミクロメーターをのせて観察したとこ ろ。図1のような目盛りが見られた。また、同じ倍率 で細胞を観察したところ,図2のように見えた。なお、 対物ミクロメーターの1目盛りは1mmが100等分され 対物ミクロメーター 図1 Jm 接眼ミクロメーター ている。 序章顕微鏡の使い方 きさを考えるとき、その構造体と細息との関係から こ行くほど大きいことを示している。構造体の大 択肢のうち、赤血球,ゾウリムシ、カエエルの卵、ヒトの坐骨神経は幅胞である。それに 対し、ミトコンドリアは細胞の中にある構造体、 細胞膜は細胞の外側をおおう膜である ことから、細胞よりも小さい(薄い)と考えることができる。 大きさを推測できることがある。 選...

※質問に添付された画像から自動で抽出しているため、一部画像と異なるテキストが入っている場合があります